FC2ブログ

2019-05

ナイスな立飲みでした(*´∀`)♪

 スタンド酒場ずいきで軽く一杯引っかけて店を出ると時刻は9時半。
せっかくなのでもう一軒くらい立ち寄りたいですねぇ~

 食べログサーチしてみると近くに大安 西天満本店という立飲み屋がある。
大阪近郊のマイレビ様方も多く訪れている様子。 ここにしよう♪

 数分歩いていくと「それらしき」店舗が目に入りました。

 外観1

「酒処 大安」と書かれた看板が掲げてあるのでここで間違いない。

 それにしても・・・

 外観2

 中々シブいシルエットですな( ̄▽ ̄;) 古ぼけた一戸建てというのが魅力的♪
人気店のようですがこの日の先客は1名のみ。 

 コの字型カウンターの内側には女性店員が3名おります。

 店内

 カウンターに設えたネタケースには立飲みらしからぬ新鮮な鮮魚が勢揃い。
ムム、これは存外面白い店かもしれない。

 メニュー1

 ビールは既に飲んで来たので日本酒から行きましょう。
壁の短冊に書いてあった「大観・特別純米しぼりたて生原酒」を注文。 700円。

 酒1

 立飲みにしては強気な値段だなと思いましたが出てきた酒を見て納得。 量はたっぷりです。
初めて飲みましたが美味しい酒ですね。

 ツマミはまず春野菜の天婦羅。 400円。

 野菜

フキノトウ、竹の子、アスパラの三種類。 コゴミかタラの芽があれば尚嬉しいですが揚げたてなので美味しいです。

 2品目は立飲みにしては珍しい鉄火巻。 400円。
赤酢の酢飯ですね。 おっ 結構イケますぞ!

 寿司

 これが立飲みで供されるという現実に少々驚きます。

 3品目はホタルイカと菜の花の炒め物。 400円。

 ホタルイカ

 ホタルイカの甘みと菜の花の苦味がマッチングして正に酒のアテといった味わいです。

 ここらでかち割りワインを注文。380円。
紙パック入りの安物のワインですがいいのよ立飲みだから(* ̄∀ ̄)

 ワイン

 4品目はいわしの新子。350円。
天婦羅ですね。 見た感じは小イワシ(カタクチイワシ)っぽいですがマイワシの赤ちゃんだそうです。

 イワシ

 これも揚げたて、不味い訳がありません。
〆に入った店にしては結構食べましたが合計で2630円。

 立飲みとは思えぬ本格的な料理のラインナップ。
創業して25年だそうです。

 ウマい、安い、早いと3拍子揃ったいい立飲みでした(* ̄∀ ̄) 

スポンサーサイト

相変わらずいい酒場♪

 約2か月ぶりの大阪。
知人としゃぶ亭 西梅田店で食事をした後解散。

 その後一人でフラッとやってきたのは二か月ぶりのスタンド酒場ずいき

 ずいき

 おっ 今日は前回と違って御客さんが多いぞ!
まずは黒霧島のロック。 350円。

 焼酎

 ツマミはお奨めの日替わり惣菜三種盛り。 500円。
前回も食べた「枝豆のペペロン」と新しい「合鴨のポテトサラダ」「豚と野菜ときのこのマスタードクリーム煮」の三種類。

 ツマミ

 これが500円とは驚くほどリーズナブル。 しかもウマイ! 

 さすがに自分で料理が得意と豪語するだけあるね(* ̄∀ ̄)

 合計で850円! 
正に立飲み屋ここにありという気合の入った価格設定ですな!

 この日はアルバイトもいて結構繁盛してましたな(* ̄∀ ̄) 

ガツ刺しが美味しかった♪  神田酔ってけ

 神田駅近くでガチャガチャした外観の飲み屋が視界に入る。

 外観

 焼き鳥屋とももつ焼き屋ともとれる外観ですが一番魅かれたのは「生ビール280円」の文字であったのは言うまでもない( ̄ー ̄)ニヤリ

 昼時ですが軽く引っ掛けて行きましょう(* ̄∀ ̄)
生ビールとガツ刺し(450円)を注文。

 生

 生ビールと一緒にお通し(鶏のササミ刺)が出てきた。

 お通し

 ガツ刺しとダブっちゃったね。 
お通しがあるなら一言言ってくれると有難いんだけどね。

 さて、しばし待って登場のガツ刺しは意外やハイレベルな一品です。

 ガツ1

 ガツもネギもたっぷりで見た目が豪華。 
塩ダレがかけてありニンニク、ショウガもタップリ。

 ガツ2

 かなりスパーシーですがガツも新鮮で量も多く酒のツマミには最適です。
ガツ刺しとしては今までで一番美味しかったかもしれません。

 串はタン、シロ、ナンコツを1本づつオーダー。
ガツ刺しに比べると串は普通です。

 串1

 しかもナンコツは豚ではなく鶏が出てきた。
豚の場合はノド軟骨と注文しなきゃいけなかったみたいですね。

 串2

 生ビール2杯飲んで合計1910円。

 お通しが450円だったみたいね。

連荘してスミマセン♪(´ε` )  ロックフィッシュ

 2日連続で来ちゃいました♪(´ε` )
この日は前日と違いほぼ満員。

 カウンターに入り込む余地は無い。
店員のお姉さんが申し訳なさそうに「只今満席ですので申し訳ありませんがコチラで少々お待ちください」と誘導されたのが入口近くの壁際の御一人様向け激狭のカウンター席。 席の下にはウィルキンソンのケース(笑)
 
 全然問題ありませ~~ん♪ むしろこんな席の方が嬉しいくらいです(* ̄∀ ̄)♡ 
もちろんオーダーはハイボール。 そして今日こそロックフィッシュのツマミの中でも代名詞的なスコッチエッグを注文。

 すぐさまハイボールが運ばれてきた。

 ハイボール2

 ウィルキンソンの箱の上のハイボール。 う~む、このシルエットはたまりませんな(゚∀゚;)

 何とも形容しがたい美しい光景だと感じるのは私だけでしょうか(ㆀ˘・з・˘)
しばし待つとスコッチエッグが登場。 無料サービスの落花生も小皿に入れて運んできてくれました。

 スコッチエッグ

 さて、そのスコッチエッグです。 ゆで卵をコーンビーフで包んだ食べ物のようです。
なぜスコッチエッグという名称なのかは不明。

 ただ味そのものは普通です。 コーンビーフの味付がもう少し濃くてもいい。
もっともそれを補うためにケチャップとマヨネーズが添えられているのかもしれない。

 コーンビーフの周りはゴマ団子の如くにゴマでコーティングされてあります。
味はともかく造形の見事さには感服しますね。

 スコッチエッグ2

 飲み食いしているうちに先程の店員さんが「カウンターが空きましたのでどうぞ」と気を遣って移動を促してくれましたが妙にこのウィルキンソンテーブルが気に入ってしまい「このままここで飲みたいんですけど」と申し出ると笑いながら「もちろんいいですよ」と笑いながら居座りOK♪(* ̄∀ ̄) 

 といわけでこの場でもう一杯ハイボールお代わり。

 本日は合計で3420円。

 やっぱりいい店です。 他に有りそうで無い唯一無二の店ですね。 

ぼんそわ エエよ(笑)

 さて銀座 しまだの後2軒ほど覗くもいずれも満員で入店できず。
新橋の立飲みもあらかた制覇しているがまだ未訪の店もいくつか残っている。

 その中から「ぼんそわ」を選択。 店に到着するもコチラも満員に近い状態。

 ぼんそわ

 何とか一人分のスペースを空けていただき・・・潜り込んだ( ̄▽ ̄;)

 コの字型カウンターの狭い立飲みです。
壁は古いベニヤ板っぽい造り。 店内もシブく私好みの空間です(゚∀゚;)

 ただ他のレビュアーさんも書いてある通りやたらと常連率が高い。
しかも客同士がほぼ同じ社内なのかというノリで盛り上がっております。

 他社の宴会に一人だけ別会社の人間が紛れ込んだような雰囲気です( ̄▽ ̄;)
古い立飲みは常連率が高い店が多いですが全ての客が同じ社内っぽい雰囲気はさすがに珍しい(゚Д゚;)

 さて、何はともあれチョイ飲みのつもりなので軽く行きましょう。

 御金

 まずはトマト割り。 450円と立ち飲みにしてはいいお値段。

 んが!

 そのトマト割りを見て吃驚仰天!(((( ;゚Д゚))) 

 トマトハイ1

「なんじゃこりゃ~~!」(松田優作風にお読みください)

 焼酎がグラスに100%満タン! トマトジュースが全く入らんではないか!(゚Д゚;)

 つまり最初は甲類焼酎の原液を飲むしかない。
飲んでトマトジュースが入る隙間を自ら作り出すしかないのだ!

 グラスに7,8割焼酎が入れてある猛者は見たことがあるが100%はさすがに初めてである。
これなら450円でも安いわね♡(* ̄∀ ̄)グフ

 俄然面白くなってきたわね( ̄ー ̄)ニヤリ
ツマミは黒板に書いてあるものの中から「塩モツ煮込み」350円を注文。

 モツ煮

 これが存外ウマい!
塩煮込みですが非常に旨みがあるしっかりした味の汁です。

 具は豚モツ、ごぼう、コンニャク、椎茸、ニンジン、ショウガ。
臭みも無く完成度の高い煮込みです。

 トマト割りは焼酎を一口飲むごとに少しづつトマトジュースを滑り込ませていく。
煮込みを食べ終える頃やっとトマトジュースと焼酎が1対1くらいになった(苦笑)

 トマトハイ2

 ここで気になっていた古漬けを注文。 200円。
生姜のパンチが効いた味です。

 浅漬け

 合計1000円丁度です。
なかなかインパクトのある店でした( ̄ー ̄)ニヤリ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

いが餅

Author:いが餅
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (513)
北海道 (2)
東京都 (66)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
京都府 (18)
大阪府 (114)
兵庫県 (6)
広島県広島市 (91)
広島県呉市 (146)
広島県東広島市 (2)
広島県尾道市 (1)
山口県 (1)
福岡県福岡市 (13)
福岡県北九州市 (30)
熊本県 (2)
家飲み (138)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (5)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR