FC2ブログ

2018-12

ツマミがウマい寿司屋です(*´∀`)♪  すし宗

 呉市中通にある「すし宗」
親子二代で切り盛りしていた街場の寿司屋でしたが父親は5年前に他界し現在は40代の二代目と母親の二人三脚。

 すし宗

 海産物が豊富な割に寿司屋不毛の地「呉」にあって地道に経営されている寿司屋さんだ。 
価格的にも手ごろなポジション、店主の愛想がイイことも手伝って家族ぐるみで利用されている方も多いようだ。

 今宵は友人2人と利用。 私的には久しぶりの訪問です。
能書きはこの辺にしてまずは瓶ビールですな。

 ビール

 プハァ~ 一日の疲れが吹き飛びますな。 まぁ大した仕事はしてませんけどね♪(´ε` ) 

 まずは何かツマミを・・
短冊に5,6種類アテが書いてありますな。

 まずは煮アナゴの炙りをもらいましょうか。

 あなご

 トロトロの煮アナゴに焼海苔とキュウリ、そして擦り立ての生ワサビ。
 これを海苔で包んで食べる。 おおっ こりゃ美味しいです(゚∀゚;) 

 2品目は〆鯖の磯部巻。 

 磯巻

 〆た鯖でキュウリとガリを包みそれを海苔巻にしてあります。
ガリがタップリ入っているので中々パンチのある風味。 これも美味しいですよぉ(゚∀゚;) 

 3品目はサザエの壺焼き。

 さざえ

 醤油ではなく特製の出汁を注いで壺焼きにします。
これも美味しい。 我が家でサザエの壺焼きを作る時は麺つゆを使いますがそれに近い風味ですね。

 ここまでは外れ無し。
焼酎の水割りをもらい寿司を注文。
タイ、カンパチ、ウニ、イクラ、イカ、子持ち昆布、煮アナゴ、エビ、中トロというオーソドックスな流れですがウマし!

 寿司1


 寿司2


 寿司3

 最後に赤出汁で〆る。 アルコール&消費税込みでお一人様7300円くらいだったかな。
やっぱ場末の寿司屋はこれくらいで飲めると嬉しいよね(*´∀`)♪

 というわけで翌週も来ちゃったよん♪

 今宵も瓶ビールからね。
アテはまず鰆のタタキ。

 サワラ

 うん、美味しいね。 生暖かいのが炙りたての証拠ですね。
甘めのポン酢がよく合ってます。

 二品目はゲソの塩焼き。

 ゲソバター

 これも美味。 一味&マヨはお決まりですがいいアクセントになってます。

 握りはまず鉄火とカッパ。

 鉄火巻

パリパリの海苔がいいですね。 香りもいい。
キュウリもマグロも太目でナイスです。

 ガリも辛口でgood!
握りは一個づつでも可とのこと。

 前回の御任せに含まれていなかった「〆コノシロ、玉子、サヨリ、〆サバ」を注文。
どれも美味しい。 

 寿司4

コノシロのウマさは過去最強クラスだね。 サヨリもデカい(゚∀゚;) 

 二階堂の水割りを2杯お代わりして合計5300円(税込)

 焼酎

 前回よりも更に安く着いたね。
普段使いの寿司屋は樋口さん前後で収まるから嬉しいよね。

スポンサーサイト

安ぅ!(゚Д゚;) 博多恐るべし!( ̄▽ ̄;)  ヘンリープール

 新幹線の時間まで少々時間があるのでもう一軒くらい覗きたいなと当てもなく歩いていると中々シブいパブが現れた。

 外観

 う~む、エエ感じですな。 アイリッシュパブ的な店ですかね。

 看板

 博多駅前なのにオープンテラスまであるとはカッコいいじゃありませんか!

・・なになに・・ハッピーアワー中で7時までカクテル半額ですと!(゚∀゚;)
 こ、これは素通りしては男が廃りますな!(;゚∀゚;)

 ハッピーアワー

 イザ、入店! おっ外観に負けず劣らず店内もカッコいい店ですぞ。
カウンター&ボックス席のオーソドックスなスタイル。

 バックバー

 カウンター内には正装したイケメンバーテンダーが4人。
こりゃ随分本格的な店ですな。

 イケメン目当てに若いピンの女性客がカウンターに何人か陣取っております。
その横に50過ぎのオッサンが座らせていただきます(;´Д`A
 
 ジントニック

 とりあえず一杯目はジントニックを注文。 まぁ普通の味です。
つまみに500円のピスタチオを注文。 こりゃたっぷりで素敵♪(゚∀゚;) このピスタチオ、塩気もドンピシャで美味しいです♪

 ピスタチオ

 店は今年で10周年だそうです。 博多駅前で10年頑張るとは大したもの。
というわけでもう一杯、バスのハーフ、550円。

 バス

 ハーフと言ってもそこそこの量がありますね。
バーテンダーのお兄さん方は皆フレンドリーで接客がイイ。 こりゃ人気があるのも当然だね。

 私の目の前にいたバーテンダーのお兄さんは数か月前に北九州から出てきたと言っていた。
博多の賑やかさにビックリしたそうだ。 でも将来は北九州に戻って店を持ちたいそうだ。 イヨッ 男前♪(´ε` ) 

 天内

 合計で990円!
思わず「エッ? 2杯飲んだんですけど」と聞き返してしまった。

 出口まで見送りに出てくれたバーテンダー氏曰く
「ハッピーアワーですので」と( ̄ー ̄)ニヤリ

 バーでこんな安い支払いは初めてである。 博多恐るべし!

ここもナイスな酒場ですよ♪(´ε` ) 「博多味処ひかり」

 さて、角打ちを後にし近辺にある居酒屋を探します。
博多駅周辺なので飲む処はいくらでもありそうです。

 看板

 その中からチョイスしたのが大衆割烹ひかり。
博多駅に向かう帰宅ラッシュの人の波が凄い通りに面したビルの1階にあります。

 ハッピーアワー

 名前から推察して割烹未満、居酒屋以上の料理が居酒屋価格で楽しめそうな雰囲気♪
いざ入店♪ 大箱の居酒屋ですね。 大箱酒場のカウンターで一人で飲むのが好きな私♪

 三喜屋酒店で大瓶を飲んだ直後ですが条件反射のように生ビールを注文。
別に入口に掲示してあった「生ビール 380円」の広告に釣られたわけではありません。( ̄ー ̄)ニヤリ

 生

 お通しをいただきながら、さて何を頼もうかとしばし逡巡。
やっぱり福岡と言えば「ゴマサバ」ですよねぇ

 というわけでゴマサバ(480円)を注文。
このゴマサバ美味しいです。 大衆とはいえ割烹を名乗るだけのことはありますね。

 ゴマサバ

 こりゃ日本酒といきたいところですがメニューを見るとイマイチ嗜好をくすぐるものがないので2杯目も生ビール。
鮮魚自慢の店のようなのでもう一品魚系のものを注文しましょうかね。

 店内

 目に付いたお勧めの「アラカブの煮付け」を注文。880円。
アラカブというのは広島で言うところのカサゴのようですが、それにしてもカサゴが880円とは安すぎるような・・ひょっとして切り身だったりして(苦笑)
 
 しばらく待ってそのアラカブの煮付けが完成。
出てきてビックリ玉手箱!(゚Д゚;)
メチャクチャ立派なサイズのカサゴ、いやアラカブですよ~(((( ;゚Д゚)))オヨヨ

 煮付

 これが880円? もちろん税別ですが(税込だと950円)
広島だと1500~2000円くらいするんじゃないですか?
そもそも高いのでカサゴの煮付けなんて注文したことないですけどね( ̄▽ ̄;)

 アップ

 味の方もバッチリです。 身はメバルよりも弾力があって食べ応えがあります。
シットリ感はメバルが上ですがプリプリで美味しいです。

 甘辛い味付けも丁度いいですね。 淡泊な白身魚は甘い煮汁で煮付けたら美味しいんだよね。
他にもう一品くらい注文しようかと思っていましたがこれで十分です。

 合計で2500円。
やっぱり博多の飲み屋って素敵だね(*´∀`)♪
隣りのお客さんが食べていたマグロの刺し身も美味しそうでしたよ~♪♪(´ε` ) 

博多カクウチ探訪① 三喜屋酒店 博多にこんないい角打ちがあったとは♪(゚∀゚;) 

 無事仕事も終了し広島へ帰郷、の前に2,3軒酒場を覗いていくのは当然のことですよね♪(´ε` ) 

 博多駅の近くにいい角打ちがあるというので5時の開店と同時に押し掛けます。

 三喜屋酒店! 博多駅の近くですが静かな場所です。

 外観

 おっ この店も歴史がありそうですぞ♪

 店内に足を踏み入れるとこれまた立派な角打ちです。
もちろん酒屋ですが最初から角打ちメインで建てたのかと思わせる「ザ・角打ち空間」です。

 コの字

 入店すると左側にコの字型カウンター、右側にL字型カウンターの二段構えで今すぐ東京の立飲みカドクラの博多支店に居抜きで使えるくらいの立派な立飲み空間です。

 こちらの店は大将と女将が店の奥に揃い踏みです。
本日初飲みなので大瓶のビールをもらいます。

 瓶ビール

 座っている女将の目の前にたくさん「おかず」が並べてあります。
この店のツマミは独特で魚屋で売られているそのままの生の鮭やサバの切り身が並べてあります。

 料理

 どれも立派で美味しそうですがスルメにしました。 丸ごとの炙り立てのスルメをかじりながら角打ちで飲みたかったものでね。

 期待通りしっかり炙られたスルメを皿に載せて出してくれます。 ちゃんとマヨネーズ付。
手で持てない程の熱々ですが小さくちぎりながらいただきます。

 スルメ

 スルメがまだ口の中に残っている状態でビールを流し込みます。
クゥ~( ̄▽ ̄;) 一日の疲れが吹き飛びますね。 まぁ大した仕事はしていませんがね(汗)

 5時半くらいになるとお客さんは5人くらいになっていた。
その中の一人が注文した生ジャケの切り身がもの凄く立派。
幅が7センチくらいありそうです(゚∀゚;)

 カウンター

 普通の角打ちにある薄っぺらい塩鮭とは訳が違いますよ。
生を焼くのがいいですね。 ジューシーでめっちゃウマそうでした。

 女将は足が悪いのか座ったままでちょいとツンデレ感もありますがこういう店って足しげく通うと居心地が良くなるんでしょうね。

 合計で900円でした。
大将に話を聞くと今年で開業53年目だそうです。

 棚

 女将にスルメが美味しかったよと言ったら嬉しそうに笑ったばい(* ̄∀ ̄)  

懐かしい博多のおでんだぁ~(*´∀`)♪

 名残惜しい北九州を後にし博多に移動。 目指すは中洲のおでんいや博多のおでんだぁ~(*´∀`)♪

 今更説明するまでもないが知る人ぞ知る博多唯一のおでん専門屋台、その名も「博多のおでん」が福岡cityの理不尽な決定によって苦節60有余年の屋台を畳んだのが昨年のこと。

 蝶々きらめく中洲の商業ビルの一室に居を転じて勇躍再開したと聞けば行かずばなるまい( ̄ー ̄)ニヤリ
食べログマップと言う便利な文明の利器があるので新店舗を探すのはさほど苦にはならない。

 しかし・・・

 博多、いや中洲は綺麗なお姉さんが多い!(;゚∀゚;)
 
 広島の流川とはレベルが違い過ぎる!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 こ、ここは地球なのかヽ(゚Д゚;≡;゚д゚)ノ
 
 それにしても平日なのにこの喧騒とは・・:(;゙゚'ω゚'):
地方都市は博多の一人勝ちという現実を改めて目の当たりにしてしまった( ̄▽ ̄;) 

 ともあれ・・ 博多のおでんである。

 看板

 ビルにしっかり看板が出ておりますな。 

 一階の一番奥のテナントが新しい博多のおでんだ。
ドアが開けっ放しになっております。

 入口

 中に入ると、なるほど~ こんな感じになったのね。
いわゆる立飲み屋の感じである。 カウンターの内側には女性が二人。

 鍋1

 一人は懐かしいお母さんだと思うが随分顔が変わったような。
心持ふっくらしたような・・ 以前は痩せ衰えて薄幸な感じでしたが(^^;) 元気になったみたいで結構でございます。

 先客は2組。 私を入れて7人といったところですがまだまだ十分入れる余地がある。
おでん鍋は昔のままだね。  

 まずはシュワシュワ星人に敬意を表してハイボール。 400円ッスね。

 ハイボール

 おでんは何と言ってもまずはイワシのつくね。銀杏。玉子。

 つくね

 つくねは相変わらず大きいですね。 つなぎを混ぜていないので箸で持つと崩れてしまうが味が滲みてウマイっすね。
 ギンナンも7個刺しが嬉しいッスね。

 二杯目もハイボール。
おでんもお代わり。 タコ。竹の子。コンニャク。

 たこ

 安いおでんなんだけど2品だけ高いタネがある。
クジラとタコがそうなんだけど、いつも無意識にどちらかを注文してしまう( ̄▽ ̄;)

 煮込まれてるタコを見たらつい注文しちゃうんだよね。

 それにしても一連の屋台騒動とは何だったのか?
人気がある誠実な屋台ほど営業許可を取り消されたって言うんだから福岡市もバカだよね。
 
 市の職員も屋台は利用しているんだからどの店が優良店か分かるだろうにね。

 などと他のお客さんそっちのけでお母さんと熱く語り合ったばい( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

 鍋2

 移転告知が不徹底だったので一年くらいは苦労したそうですが7月くらいから軌道に乗ってきたそうだ。

 これからおでんの季節だし繁盛するんじゃないかな。
合計で2350円でした。

 正面の壁の真ん中に貼ってある〇〇氏の名刺が燦然と輝いておりましたな( ̄ー ̄)ニヤリ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

いが餅

Author:いが餅
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (451)
北海道 (2)
東京都 (50)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
京都府 (18)
大阪府 (92)
兵庫県 (5)
広島県広島市 (83)
広島県呉市 (137)
広島県東広島市 (2)
広島県尾道市 (1)
山口県 (1)
福岡県福岡市 (10)
福岡県北九州市 (27)
熊本県 (2)
家飲み (136)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (5)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR