FC2ブログ

2019-02

ツマミが豊富ないい酒場です

 久しぶりの広飲みなので1軒で帰る訳にはいきません。
ここからビート。から徒歩で1,2分の場所にある「居酒屋はまもと」を覗いていきましょう。

 はまもと

 大将と若大将、それに女将のThis is 家族経営なトロイカ酒場ですね(^^)
御一人様なのでカウンターに座りますが奥の座敷はそこそこの収容スペースがあるので宴会利用の時も便利そうです。

 はまもとメニュー

 メニューも多いですねぇ。
ビールは立飲みで飲んできましたがここでも当然一杯目は生ビール。

 生

 お通しはブリの南蛮漬け。

 お通し

 コ、コレ ウマいッス!(゚∀゚;) 
注文したのはアジフライ(700円)とクジラベーコン(500円)

 まずクジラベーコンから出てきました。

 クジラベーコン

 鯨ベーコンは個人的に大好きなのでスーパーや魚屋などで売っているのをよく買いますが切り落としのようにサイズがバラバラなもの。

 このベーコンは1枚1枚が大きなスライスの所謂「ええやつ」です(゚∀゚;)
酢味噌で食べても美味しいしカウンターに置いてある塩を振って食べても美味しいです。

 クジラベーコンって酒の肴としては最高なんですよねぇ。

 「祝・商業捕鯨再開♡(* ̄∀ ̄) 」

 アジフライ

 時間をたっぷりかけて揚げられたアジフライは何と1匹半のスリーピース!
肉厚のアジが熱々でウマいッスね! タルタルソースも美味しいですがウスターソースや醤油をかけて食べても美味しいですね。  う~ん、生ビールお代わり♪♪(´ε` ) 

 コノシロ(650円)はもちろん酢で〆たもの。 

 このしろ

 程良い漬かり加減、小骨も一切ない丁寧な仕事ですね。
こうなったら熱燗ですね。 350円とリーズナブル。

 熱燗

 ラストにお勧めのイクラ丼を注文。 750円とえらく安いですな(゚Д゚;) 
このイクラ丼、イクラがいい味付けで美味しいです。

 いくら丼

 個人的には900円でもいいからもうちょっとイクラが多いと嬉しいかも。
いや、〆の一品だから量的にはこれくらいで丁度いいのかもしれないね。

 合計で4200円。
イクラ丼まで食べたにしてはリーズナブルですね。
 地元で人気なのも当然ですね♡(* ̄∀ ̄)


スポンサーサイト

呉では数少ない立飲みです! ここからビート。

 呉市にはあまりない立飲みが広商店街に出来たと聞きレッツラゴ~(*´∀`)♪

 看板

5時過ぎに伺いました。 
4時過ぎから営業しているとのことで既に先客1名あり。

 ここからビート

 なかなかイイ雰囲気ですよ(゚∀゚;) 
目玉の親父のフィギュアがあるってことは鬼太郎のファンなのかな?(゚∀゚;)

  目玉

ドラフトタワーは気合の入った4本! そのうち生ビールは3本!

 店内

 アサヒの樽生、黒ビール、隅田川ブルーイング(東京のクラフトビール)の3種類。
まずはオーソドックスにアサヒの樽生をもらう。 1杯500円。

  生

 うん、なかなか美味しいですよ♪
ツマミ類も一律500円のようです。 メニュー数は多くないですがユニークなものが揃えてあります。
 
 いくつかあるメニューの中から「からふとししゃも・4匹」を注文。
カウンターの下にコンロがいくつも収納してあり、それを引っ張り出して客自身が焼く趣向。

  ししゃも

 これ、メッチャ楽しいです(゚∀゚;)
ししゃも500円とは立飲みにしては高いなと思いましたがコレならアリですね。

  焼く

 自分で焼きながらチビチビやるのはたまりません。
当然1杯では足らないので生ビールを追加。 
 2杯目は隅田川ブルーイング。

 地ビール

 これも美味しいですね。 クラフトビールにしてはキレがあります。

 立飲みにしては安くありませんがスタンディングバー、お洒落なビアバーとして見れば適正価格とも言えます。
人通りの少ないこの辺はこういうスタイルが健全かもしれませんね。

 焼けた

 近所に有れば再訪したい店です。 
私以降も数人来店がありましたが常連っぽい人ばかりでした。

 地元では既に認知されファンの心をつかんでるみたいですね♪ 

癒されまっせぇ~♡(* ̄∀ ̄)  屋台一二三

 12月になると酒を飲む機会が増えてきますねぇ。
ん? 12月にならなくてもお前は飲んでるじゃろう、という声が聞こえてきそうですが・・ (´・ω・`)

 日頃飲んでる人も12月になると更に飲む機会が増えるってことです♡(* ̄∀ ̄)グフ
年末はかき入れ時なので屋台の営業率も高くなりますからね。

 一二さん

 お母ちゃんとお父ちゃんが老体に鞭打って頑張ってる「一二三」も週末は営業してますよ♪
ということで・・ ここのところ連荘で顔見せなオイラです♡(* ̄∀ ̄)
 
 鍋

 おでんが大鍋の中で美味しそうに煮えていますね。

 おでん1

 まずはおでんの駆けつけ三本ですな。
ほいでもって瓶ビール。 屋台は生ビールは無いからね。

 大瓶

 ビールのアテは呉の屋台では定番の豚耳の塩胡椒炒め!
これがビールのツマミには最高なんだよねぇ。

 豚耳

 〆は昔懐かしい呉ラーメン。
ヤワイ麺だけどお母ちゃんの屋台だから美味しく感じるよ。

 ラーメン

 スープも美味しいしね。

 大火傷から生還したお母ちゃんだけど無理せずに長く頑張ってほしいですね。
お父ちゃん一人じゃ役にたたんからね♡(* ̄∀ ̄) 

現存する呉市最後の角打ち!  うすい酒店

 呉は戦前海軍工廠の工員で街中ごった返し戦後も造船で賑わった。
その繁栄は旧八幡市を上回るもので当然呉市内に角打ちは多かった。

  しかし!
 街の活力が失われた今、一番最初に廃れるのは酒場である。

 街中にいくつも点在した角打ちも次々に姿を消し今や日本オオカミと同じように絶滅したものと考えられていた。・・・ _| ̄|○

 んがっ! 一軒だけ残っていたのだ!(((( ;゚Д゚)))ワナワナ

 うすい酒店 戦前、かの朝日遊郭に酒を配達していたという超老舗酒屋だ。 今は鉄筋の綺麗な店舗である。

 外観

 夕方、初めて訪問した。
美人の女将が店番をしていた。 ちなみに日によっては大将が店番の時もある。

 店内にテーブル席が二つ置いてある。 そこで飲んでいるオッチャンが一人。
間違いない、立飲みではないが角打ちである(゚∀゚;) 

 サッポロ

 サッポロ黒ラベルの缶ビール(350ml)とテーブルの上に置いてあるゆで卵の山から一つもらう。

 ゆで卵

 皿の類はないのでティッシュペーパーを広げ殻を剥く。
殻にこれでもかと塩がまぶしてあります。 角打ちのゆで卵はこ~じゃないとね(* ̄∀ ̄) 

 今の店は20年前に建て替えたもので以前の古びた店では先代の女将が角打ちをしていたそうだ。

 話を聞いているうちに一つの記憶が蘇えってきた。
私が20歳になったばかりの頃、親戚の伯父さんに連れられて角打ちに行ったことがある。

 この界隈だったことは間違いないのだが店名までは覚えていない。
しかし話を聞いているうちにその幻の角打ちは他ならぬこの「うすい酒店」であることが分かった。

 商品ラック

 店があまりに綺麗になっていたので気が付かなかったのだ。
私の角打ちデビューの店がよもや呉市にある店だったとは!(゚∀゚;) 
 35年前の話である( ̄▽ ̄;)

 代替わりして店が綺麗になって角打ちは一時止めていたそうですが常連衆の希望により7,8年前に自然発生的に再開したそうだ。

 当初は立飲みだったそうですが常連が自分の家に有ったテーブルや椅子を勝手に持って来て店に寄贈して今のようなテーブル席完備の角打ちになったという。

 テーブル

 この日は缶ビールとゆで卵で合計380円。 缶ビールが280円でゆで卵が100円なんでしょうね。
うん、やっぱり角打ちはこうじゃなきゃね。

 ちなみにこのうすい酒店の女将、60歳手前くらいだと思いますが私が全国各地の角打ち巡りをして出会った数多くの女将の中で一番の美人です(* ̄∀ ̄) 

 地元呉市に角打ちがあったのが嬉しくて翌日も来ちゃいましたよ。
この日の店番は大将。 これまた善人を絵にかいたような御仁だ(゚∀゚;)

 キリン

 缶ビール(本日は一番搾り・350ml)と鶏肝の缶詰。 

 鶏レバー

 合計で430円。
ってことは缶詰は150円だね。 安いよねぇ~(゚∀゚;)

 これからも頻繁に来ることになりそうですね(*´∀`)♪

 ちなみに現在の大将は4代目だそうです!

 てなわけで・・・ 翌々日も来ちゃいました(汗)
本日はキリンラガー。

 ラガー

 そしてにしんの蒲焼の缶詰。

 にしん

 さんまの蒲焼の缶詰はよく見るけどニシンは珍しいね。
結構美味しいですよ。

 そして翌々翌日も来ちゃいました。

 スーパードライ

 本日はスーパードライとソーセージ。
角打ちはこんな感じで飲むのが楽しいね(^^)


朝から大人気の立飲み! スルーするのは不可能です。゚(゚´Д`゚)゚。  赤垣屋難波店

 うどんの天政だけならまだよかった・・・
赤垣屋が天政の目の前にあるという現実が良くない!

 入りたくなってしまうやろ~(`皿´;)ノ  

 まだ朝10時の開店5分前だが、・・・ すでに8人くらい並んどる!(゚Д゚;)  
ビルの工事中も一切関係ない!

 工事中

 お前たち仕事は? まぁ人の事は言えませんけどね・・(´・ω・`) 

 なぜ人は赤垣屋に吸い込まれるのか?
私もつい釣られて並んでしまったではないかぁ~(`皿´;)ノ 

 10時きっかりに開店。 常連どもが一気に店内になだれ込む!
開店15分後には満員札止め状態! 
 30人は入れるカウンターはもはや立錐の余地も無い(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

 御徒町の立飲みたきおかでも朝一番はここまで混雑はしていない!(゚Д゚;) 
大阪の呑兵衛は何故赤垣屋に集うのか?

 メニュー1

 まぁ何はともあれ恥ずかし気もなく開店前から入口付近にたむろしていた私は普通に入れましたけどね。
 取り敢えず朝っぱらから大瓶のビール。 490円。

 大瓶

 甘えびの唐揚げ。 200円。 

 甘エビ

 どて焼き。 280円。 をサッと注文。

 どて

 甘めの土手は正に大阪の大衆酒場の味ですなぁ。

 周りはお爺ちゃんの客が多いですな。 皆湯豆腐を食べてますぞ。
ということで私も湯豆腐を注文。180円。

 湯豆腐
 
 なるほど・・ 皆が注文するのが分かりますな。 
トロロ昆布のトッピングが微妙に嬉しいですな。 こりゃ結構イケます(^^)

 店員は6人中4人が女性。 こんな店だっけなぁ? 前は男の店員ばかりだったような・・
ダミ声のおばちゃん店員の存在感がありますな。 

 爺さんどもはこの人が目当てか( ̄ー ̄)ニヤリ んなわきゃないよね。

 店内

 合計で1150円。 やっぱり安いわ。
モーニングとすれば高いんだけどね( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

いが餅

Author:いが餅
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (480)
北海道 (2)
東京都 (57)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
京都府 (18)
大阪府 (99)
兵庫県 (5)
広島県広島市 (87)
広島県呉市 (142)
広島県東広島市 (2)
広島県尾道市 (1)
山口県 (1)
福岡県福岡市 (13)
福岡県北九州市 (30)
熊本県 (2)
家飲み (136)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (5)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR