2017-03

ビールも美味しいが料理も美味しい!

 上海総本店、アオニサイ、寅造とハシゴして参りましたがもうちょい飲みたいなぁ。
別の立ち飲み屋に移動する途中で見つけたハングアウト。

 ハングアウト

 三年くらい前?に一度来たことがありますが・・・
ビールは既にそこそこ飲んでおりましたが「もうちょい飲んどくかぁ」というノリで侵入せり。

 看板

 見覚えのある店主が一人とカウンターに常連らしき男女が一組。 カウンター席の奥側に座る。
メニューを見て「イージーアップペールエール」473ml(1250円)を注文。

 ペールエール

 この手の店のビールが高いのは相場とも言えるし仕入れも高いとは思いますが473mlで1250円とは強気でありますな(汗)

 ビールだけでは寂しいので特製ポテトサラダ(500円)も注文。 これがウマし!

 特製ポテサラ

アンチョビ、カマンベールチーズ、オリーブなどが入りスモーキーなベーコンの風味も良し。 
こりゃウマイっす (゚∀゚;)

 ツマミがウマいとビールが進みますなぁ。 という訳で・・・
「ビッグウォーホワイトIPA」473ml(1350円)を追加注文。

 IPA.jpg

 柑橘系の味わい。 個人的にはペールエールのほうが好みですね。

 この段階で本日のお勧め料理の「やわらか煮豚のシュークリート レギュラー」(700円)も注文(苦笑)
ビールが肉を呼ぶ・・・(遠い目)

 豚の肩肉を一週間塩漬けしたものをザワークラフトやジャガイモと煮込んだもの。

 シュークリート

これも美味しいですねえ。 肉もタップリ。 塩気も酸味も丁度よく酒飲みが好きそうな料理。

 店主の思いがこもった料理ですな。

 軽く飲むつもりがしっかり飲んで喰ってしまった(汗) 合計3800円。

 店内

 ビールの値段は高めだが料理は美味しい。
店主の人柄もよし。 たま~に来てみたくなる店でしたね。

スポンサーサイト

清ちゃんの餃子はやはり美味しい!

 とある平日の5時15分!(^^;) ダメもとで清ちゃんを覗くと・・

な、なにぃ~~ 客が一人もおらんぞ!!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

お母さん暇そうに客席で足を伸ばしてぼんやりテレビを見よる!

 奇蹟だ! こ、こんなことがあるんだ?(゚Д゚;)

 ※清ちゃんとは広島随一の人気を誇るお婆さんが一人で経営する極狭の餃子専門店なのだ。

「だ、大丈夫ッスか?」
「どうぞ~、今日は暇なんよ、だ~れもお客さんが来ん」

う~む、ついに私の清ちゃん連敗記録の終止符が打たれるのだ(涙)
前回が2014年か・・ 2ヶ月に1回くらい覗いていたから10連敗くらいだったかね。

 予約を取ればいいんだろうけど何故か意地になって飛び込みに徹している25年なのだ(笑)
今後も絶対予約はとらん。 いきなり覗いて入れた時の喜びを一度味わうとクセになってしまうのだ。( ̄ー ̄)ニヤリ

 さて、誰もいない清ちゃんでお母さんとの稀有な一時を楽しませてもらおうか( ̄ー ̄)ニヤリ
飲み物は大瓶のビールしかないので当然それをもらう。

 大瓶

 餃子は一人で丁度いい3人前。
いつも通りお母さんがもやしをよそってくれる。

 もやし

 これは愛情モヤシ、もしくはサービスモヤシと呼ばれる無料のお通しで餃子が焼けるまでのツマミになるのだ。

 ほどなく餃子完成。 久しぶりの清ちゃん餃子だ。

 餃子

 やはりウマいねぇ。 前回よりも美味く感じる。
2回目のほうが美味く感じるということは本当に美味しいってことでしょうね。

 小ぶりなんだけど密度の濃い中身。 くっ付いた餃子を引っぺがす時に皮が破れないところも凄い。
普通の店なら皮が破れるんですけどね。 この餃子はやはりウマい。

 餃子のへこんだ部分に先程のモヤシを載せて食べるのが清ちゃん流。

 餃子2

 これがまた最高にビールに合うのだ。

 食後はいつもアズキバーを口直しにプレゼントしてくれる。

 提灯

 寒い時期でも(笑)温かく感じる人情味あふれる最高の餃子屋ですね。


なかなかエ~酒場でした♪(´ε` ) 

 旧知の仲間と「まぁ飲みましょうや~」って運びになり・・・

 日頃飲む機会の少ない横川飲みを希望したら幹事殿のセレクトしたお店がコチラでありました。

 屋台村とは本物の屋台がある呉市には無い代物ですが、屋台好きの呑兵衛たちを疑似体験させてくれるスペースのようであります。

 屋台村

 ビル内の一室に数店舗が出店しており、どちらかと言えば「お好み村」や飲み屋が軒を連ねる「地下飲食街」といった趣でありますな。

 さて集合場所は和という居酒屋。 これが意外と良いロケーション。

 店内

 エエ感じの飲み屋が放つ微量なるオーラが出ておりますな。( ̄ー ̄)ニヤリ

 一人カウンターに座って飲み始めようかという時に広島市内在住の呑兵衛連中が集合。

 6人と大所帯になったので座敷に移動し再会を祝し(大げさですが)乾杯!(^▽^)ノ

 生ビール

 お通しはホウレンソウのゴマ和え、小イカとネギの酢味噌、竹の子の土佐煮など中々気の利いたの酒肴。

 おひたし

 お通し①

 お通し②

 フムフム、このお通しでいい酒場ってのが分かりますねぇ。

 特に小イカとネギを酢味噌で食べる一品が美味しかったですな。 こりゃイイ酒のアテになりますねぇ。
牛スジの煮込みは最初に注文しておいた一品。 

 牛筋

 大阪風の甘め味付けですが牛スジ度の高いポテンシャルの高い代物。

 店主が韓国唐辛子のボトルを持って来て「もっとかけろ!もっとかけろ!」とやかましい(苦笑)

 料理は幹事殿が適当にチョイス。 
これが中々バランスのいい注文で、さすが接待慣れしてる御仁は違うと妙な処に感心したものである。

 明太子入り玉子焼き。 居酒屋の定番ですな。

 明太子入り出汁巻

 ぎょうざ。 こりゃマジで美味しかったです。

 餃子

 マカサラ。 これも妙にウマい(笑) 

 マカサラ

 チューハイが進みますねえ。

 チューハイ

 串①

 串の盛り合わせ。 サビ焼、ネギマ、皮、つくね、ささみ、砂ずりの6種類。

 串②

 どれもボリュームたっぷりで満足度の高いもの。 特に自家製っぽい小判型のつくねは出色の出来であります。

 焼鳥の専門店でもお目にかかれない代物だと感心していたのだが、ココって焼鳥屋だっけ(笑)

 6人で1万6000円丁度でしたかな。 一人頭2667円也。 
横川には好酒場が多いと聞いておりましたが噂通りでございましたな。( ̄ー ̄)ニヤリ 


中ちゃん

 広島の有名鉄板焼き酒場「中ちゃん」
 
 遠来の客人をもてなす2軒目に利用。 久しぶりですなあ。
中ちゃん名物3品でおもてなし。

①舌平目のバター焼き。 

 舌平目のバター焼き

 昔からの大定番、30年以上前からある。
 ドデカイ舌平目にたっぷりのバター、これがビールに合うんだよねえ。(*´∀`)♪

②カワハギの煮付け。 

 カワハギの煮付

 これまた昔からのメニュー。
 豆板醤入りのピリ辛煮汁が個性。 濃いめの味で酒がどんどん進むクン♪(´ε` ) 
 たっぷり味が滲みた豆腐がまたウマイのよ~♪

③ウニクレソン。 

 ウニクレソン

 中ちゃんの代名詞ですな。
 少なくとも私が初めて中ちゃんで食べた1990年にはあった。
 ウニホーレンよりも美味しいよ!

 この店はやはり3~4人くらいで飲むと楽しいね。

善吉で小笹屋竹鶴を飲む

 「善吉」 広島の立ち飲みでは最も古い一軒。
本日何軒目か忘れたが、とある平日のことであった。

 膳
 
 店内にはメニューの短冊が所狭しと貼られてある。

 店内は立ち飲みにしては暗め。 バー並の照度です。

 あると必ず注文してしまう豚耳塩コショー 300円。

 ミミ

 結構肉厚なミミ。 悪くないッス。

 純米酒 小笹屋竹鶴400円。

 竹鶴

ノーマルな竹鶴よりハイグレードな小笹屋竹鶴がこの値段! これは安いです。

 焼き飯、スタミナ焼肉丼、チキンライス、親子丼などもメニューにあって面白い。
カップ麺150円などのメニューもある。

 独特の個性を持った店とは言えますね。
立飲みだから当然とも言えるが安いし職場の近くにあれば気軽に通えそうな店でした。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (317)
北海道 (2)
東京都 (33)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
京都府 (9)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (63)
広島県呉市 (109)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (16)
家飲み (132)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR