fc2ブログ

2024-05

「まろのおみた」と「黒豆茶やわらぎ羹」♪ 寛永堂本店

 京都に来た以上名刹の一つくらいは訪れておきたいものです。

 今回は知恩院を参拝しました。

 巨大な御影堂ですね。

 IMG_0065_convert_20231002085610.jpg

 今回は更に一番奥にある法然上人の御廟にも参拝。

 IMG_0061_convert_20231002085638.jpg

 この奥に法然上人の遺体が安置されているとか。 もちろん立ち入り禁止です。

 IMG_0063_convert_20231002085653.jpg

 
 知恩院の参拝を終えた後、河原町方面に向かいます。 四条大橋を渡り終えると何やら歴史がありそうな和菓子屋が目に入った。

 IMG_0070_convert_20231002085745.jpg

 私はスイーツにはさほど興味はありませんが店頭に置いてあった水羊羹の器があまり見たことが無い縦長のカップだったのでつい興味を持ってしまった♪(´ε` )

 お土産として面白そうだし同じように店頭に置いてあった「まろのおみた」なる饅頭のようなものも一緒に買った。

 支払いが終わると店員が「黒豆茶を飲んでいかれませんか」とおっしゃるのでお言葉に甘えました。
 
 店の奥にカフェとまでは言わないが一服できるような小奇麗なテーブル席が設えてあります。

 IMG_0068_convert_20231002085712.jpg

 そこでよく冷えた黒豆茶をいただく。 これは美味しいですね。 豆の風味がしっかり感じられ、ほのかな甘みもあり優しい味です。

 思わず追加購入しちゃいましたよ。 やはり老舗はいいもんです。( ´∀`)

 「まろのおみた」は職場でみんなと食べました。 「ぐるナイ」で紹介されていたらしいですね。 

 餅の内側にみたらし餡が入っています。 この感じは食べたことが無いものですが美味しいですね。 茶菓子にぴったりです。

 IMG_0069_convert_20231002085731.jpg

 水羊羹は正式名称は「黒豆茶やわらぎ羹」 冷蔵庫でキンキンに冷していただきました。 清々しい甘み、とろりとした口当たり、これまた非常に美味しいです。 

 水羊羹を食べると夏来るらしという感じがしますね。( ´∀`)

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ
スポンサーサイト



素晴らしいバーです! エル・テソロ

 祇園で飲む機会は滅多に無いのでね。 折角の機会なので京師の名バーに触れてみたい。 ネット検索するとすぐ近くにあるエル・テソロというバーが良さそうです。

 祇園から四条方面に数分歩くと該当店舗を発見。 外観的には非常に大人しいですが名バーというのは大体こんな感じですからね。(* ̄∀ ̄) 

 IMG_0039_convert_20230929125026.jpg

 店内に入ると女性スタッフが丁寧な対応をしてくれます。 ちょうど満席状態から一組退店するタイミングだったようで、席を準備するまで待ってくださいと待合室に案内される。

 IMG_0041_convert_20230929125107.jpg

 バーに待合室があるのも凄いですけどね。( ̄▽ ̄;)

 5分程度待った後にカウンター席に案内される。 う~む、これはシブい店ですね。( ̄▽ ̄;) 

 IMG_0047_convert_20230929125239.jpg

 バックバーも素敵ですが小窓から見える鴨川の水路沿いカエデの緑が美しい。 奇麗にライトアップもされております。

 IMG_0044_convert_20230929125152.jpg

 まるで一幅の絵のようですね。 この雰囲気だけで満足できます。(゚∀゚;)

 店は40代のオーナーとそのご婦人の二人三脚で営まれております。 このオーナーがシブシブの外見とは裏腹に実に爽やかで丁寧な接客。 こりゃ人気店になるのも当然か。

 酒のオーダーは以下の通り。

 ①ジントニック ライムたっぷり2ピース入り、爽やか!

 IMG_0043_convert_20230929125134.jpg

 ②グレンモーレンジ10年ロック 新ラベルになったんですね。 その談義で盛り上がる。

 IMG_0045_convert_20230929125207.jpg

 ③モヒート 温かくなると飲みたくなります。

 IMG_0049_convert_20230929125254.jpg

 ④オールドファッションド 男の酒ですね。 ウイスキー超タップリです。( ̄▽ ̄;)

 IMG_0052_convert_20230929125307.jpg

 チャームは洋酒のパウンドケーキ。 オシャレっすね。

 IMG_0046_convert_20230929125220.jpg

 会計は5000円。 祇園で4杯飲んで、チャーム付きで、この雰囲気で、この接客でこの会計は超良心的ですぞ!(;゚∀゚;)

 マスターは静岡出身だとか。 このバーは素晴らしい。 ぜひ再訪したい! 絶対再訪するぞ~(*´∀`)♪  たぶん・・・ (* ̄∀ ̄)グフ


食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

肉スペシャルが美味しいぞ♪(* ̄∀ ̄)

 一軒目が諸々の事情であまり食べることが出来なかったので何かもうちょっと腹に入れたいですね。 まぁラーメンでも食べようと思いネット検索。 現在地から近い店では「」という店が美味しそうです。

 という訳で徒歩で移動し数分後に到着。

 IMG_0028_convert_20230929094332.jpg

 即入店♪(* ̄∀ ̄) 

 カウンターに着陣。 周囲を見渡すと外国のお客さんが多い店ですね。

 まずは生中(650円)とおつまみ三種盛り(600円)を注文。 おつまみ三種盛りというのは豚の角煮、メンマ、煮卵のセットです。

 IMG_0029_convert_20230929094355.jpg

 これはもうケチのつけようが無い「ザ・ビールの友」ですねぇ~(* ̄∀ ̄) 

 IMG_0031_convert_20230929094410.jpg

 角煮が柔らかい♪ やや味が濃いですが美味しいです。 メンマもgood♪

 ラーメンは「特選肉スペシャル」(1350円)を注文。 「肉を愛する方に捧げます」とメニューに書いてあります。 肉を愛しておりますので♪( ̄▽ ̄;) 
 
 まだ7時台ですし考えてみれば今日は予期せぬトラブルで昼飯も食べてないですからねぇ~(* ̄∀ ̄) 

 さて、完成した特選肉スペシャル。 なるほど~、肉スペシャルの名に恥じぬチャーシューまみれなビジュアルですね。(゚∀゚;)

 IMG_0035_convert_20230929094434.jpg

 たっぷりのチャーシューは3種類ありますが柔らかくて美味しいです。 肉まみれで幸せ♪(*´∀`)♪

 IMG_0036_convert_20230929094447.jpg

 麺は細いですが食感がいい。 スープも美味しいですがもうちょっと塩気を抑えてくれると更に良かった。 

 総じて濃いめの味付けでしたが概ね満足です。 合計で2600円でした。
 
 それにしてもお客さんの半分以上が欧米の方でした。 店員さん曰く「いやぁ~最近ホント外国の方が多いですわぁ~」だそうです。(* ̄∀ ̄)

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

たどり着くのに苦労しましたが・・( ̄▽ ̄;)・・ 皆様の参考になれば!(* ̄∀ ̄)グフ

 本当に大変な一日だった。。゚(゚´Д`゚)゚。 長い話になりますが是非最後までお付き合いいただきたい。m(_ _)m

 とある日曜日、一人で京都に行くことになった。 月曜日に仕事があったので日曜日に前乗りしたわけである。

 8時45分のJR呉発広島行。 広島駅でのぞみに連絡し11時19分に京都駅に到着した。 12時に祇園の某鰻屋を予約してあった。

 んがっ! 烏丸線の改札を通過しホームで四条行の電車を待っている時にスマホが無いことに気が付いた。「のぞみ」の中では確かにあったのだ。

 ということは・・・( ̄□ ̄;) 冷汗が滲み出てくる・・・ 心臓もバクバクし始めた・・・

 まさか・・・ そ、そんなはずはないよね・・・ 出てきてくれ・・ という願いもむなしく、いくら探しても無い! ここに至っては認めざるを得ない。 そう、のぞみの車内、席に忘れたに違いない。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 
 
 ナンテコッタイ!。゚(゚´Д`゚)゚。

 こ、これはドエライ事である。(; ̄皿 ̄) スマホが無ければ仕事も出来ないし、緊急時の連絡も出来ない。 そしてたちまちこのトラブルで行くことが出来なくなった予約してある店にキャンセルの電話をすることも出来ない。

 事情を地下鉄の駅員に話し烏丸線の改札を出てJRの窓口に行く。 事情を話すと総合案内所に行ってくれという。 その総合案内所の場所が分からない。 窓口の話だと目の前の通路を真っすぐ行けばすぐ分かるという話だったのに!:(;゙゚'ω゚'):

 どんどん時間が過ぎていく。 焦る。(; ̄皿 ̄) なんとか総合案内所に到着。 係の人に事情を話す。 私が乗っていた「のぞみ」(東京に向かって走行中)の車掌に連絡して私が座っていた席にスマホを忘れていないか確認してもらう。

 10分くらい待って連絡があった。 席に置き忘れてあるスマホを発見したという。 まずホッとした。(;´Д`A スマホの紛失という最悪の事態は防がれた。 しかしどうやって受け取るのだ?

 職員の話だと紛失物は終点の東京駅で保管されるという。 京都駅に持ち主がいるといってもJRの職員が京都まで持ってきてくれるわけではない。 
 
 後日自宅まで郵送するか、どうしてもすぐ必要なら今から東京駅に行って八重洲中央口横にある「忘れ物承り所」に行って必要書類に記入して受け取るしかないという。

 い、今から東京へ行くんですか?:(;゙゚'ω゚'): マ、マジで?:(;゙゚'ω゚'): 

 そして行ってもすぐ帰って来なければならない。 しかし悩んでいる暇はない。 東京行きを決断。 しかし大事なことがもう一つ残っている。 12時に予約してある鰻屋にキャンセルの連絡をしなくてはならない。

 しかし電話は無い!(;´Д`A 食べログを見て予約したので電話番号など覚えている訳が無い。 駅員にお願いするしかない!

 私 「どうか電話を貸してください。 店にキャンセルの連絡をしたいんです」
 駅員 「電話番号は分かるんですか?」
 私 「分かりません。 店名は覚えているので誠に申し訳ございませんがネット検索して電話番号を調べてくれませんか。 電話代はちゃんと払いますから」と懇願。(;´Д`A

 優しい駅員さん、苦笑いしながら3人がかりで店名を調べ「この店でいいの?」と見つけてくれた。 駅の電話を貸してもらい店に電話する。 12時5分前である。

 店に電話をすると女性スタッフが出たので事情を説明しキャンセルしたいと申し出る。 電話口の女性は驚いて「上の人に相談します」と言って保留になった。 30秒ほどして電話口に戻ってきた女性は「わかりました」と了解してくれた。

 土壇場のキャンセルなのでキャンセル料を請求されても文句は言えない立場でしたが何も言わずに承認していただきありごとうございました。 さすが名店は懐が深い!(;´Д`A

 駅員さんにもお礼を言い電話を使用したのでいくばくかの金額をお支払いしたいと再三申し出るも結構ですと固辞される。

 何と申し上げてよいのやら。 しかも東京駅に連絡して「〇〇さんがスマホを取りに行くからと連絡しておきましたら大丈夫です」とのこと。

 何から何まで・・・(;´Д`A 総合案内所を出る際に職員の方々に向かって深々と頭を下げて立ち去りました。m(_ _)m
感謝しても仕切れないJR京都駅の職員様、心の底から感謝申し上げます。 本当にありがとうございました。m(_ _)m

 さあ、私のスマホを乗せて東京に向かっているのぞみを追いかけます。 約15分後に京都駅を出るのぞみの切符を購入し東京へ向かう。 約2時間半の旅。 無駄に長い!(; ̄皿 ̄) そして東京駅に到着。

 八重洲中央口の「忘れ物承り所」に行くと、

 IMG_0003_convert_20230927171009.jpg

 なんじゃあこりゃ~( ̄□ ̄;) メッチャ人が並んでいるじゃありませんか。 連絡してくれてあるのですぐ受け取れると思っていました。 しかし、忘れ物する人って私以外にもすごく多いんですね。( ̄▽ ̄;)

 一人一人が事情を説明しながら手続きをしているので長い。( ̄▽ ̄;) やっと自分の番になったので事情を説明する。 すると、おおっ!懐かしき私のスマホが出てきました。 約3時間ぶりの再会です。( ̄▽ ̄;) 

 必要事項を書き終えて受領完了。 さて、これから再び京都に戻ります。 高い金額と時間を使って東京まで来たのでラーメンだけでも食べて帰ろうかとも思いましたが夕刻には別の店を予約してあるので時間が無い。( ̄▽ ̄;) 

 記念に缶コーヒーだけ買って再び2時間半の旅。( ̄▽ ̄;)

 IMG_0005_convert_20230927171024.jpg

 京都駅で烏丸線、阪急線と乗り継いで四条のホテルにチェックイン。 自宅を出て既に9時間以上経っておりました。 ヒィ~ハァ~。゚(゚´Д`゚)゚。 

 似たようなトラブルに遭遇した時に皆様の参考になればと長々と書いてしまいました。 最後までお読みいただきありがとうございました。m(_ _)m

 というわけで、ホテルにチェックインしたのもつかの間、18時に予約してあったひいらぎ亭に向かいます。 コチラはキャンセルせずに済みました。( ̄▽ ̄;)

 祇園の街並みを通過して店に向かいます。

 IMG_0008_convert_20230927171042.jpg

 店は知恩院のすぐそばにありました。 こじんまりした目立たない店ですが予約困難な人気店だそうです。

 IMG_0009_convert_20230927171058.jpg

 店内に入る。

 IMG_0010_convert_20230927171121.jpg

 狭い店でカウンターは既にお客さんで一杯です。 私一人が座るスペースだけ空いておりました。

 席に着くと女将がおしぼりを出しながら「皆さん同時に来られて一斉に注文されましたので焼き物は少々時間がかかりますが・・」と申し訳なさそうにおっしゃる。

 まぁ仕方ないですね。 という訳でまず赤星を注文。

 IMG_0011_convert_20230927171138.jpg

 大変な一日だったので・・・ ビールがウマい!( ̄▽ ̄;)

 お通しに2品。 蒸し鶏の切り身と何故か最初にシジミの味噌汁。

 IMG_0013_convert_20230927171209.jpg IMG_0012_convert_20230927171154.jpg

 焼き物に時間がかかるそうですが注文だけはしておきましょう。

 ①若狭グジの塩焼き
 ②極上白肝の串焼き
 ③ぼんじり
 ④もも
 ⑤ちょうちん
 ⑥せぎも(腎臓)以上6品を注文。

 焼けるまでカウンターの大皿にある煮込みでももらいましょう。

 IMG_0020_convert_20230927171404.jpg

 煮込みは鶏肉と椎茸を煮たもの。 

 IMG_0014_convert_20230927171224.jpg

 薄味ですがしみじみ美味しいです。

 赤星が無くなったので日本酒をもらう。 「まつもと守破離」 初耳ですが京都の酒だそうです。 よく冷えたアルミ製の片口で出てきました。 中々シブい酒器ですね。 酒も美味しいです。

 IMG_0019_convert_20230927171309.jpg

 そうこうしていると焼物がポツリポツリと出てきました。

 まず、極上白肝の串焼き

 IMG_0016_convert_20230927171240.jpg


 美味しいですねぇ。 ミディアムレアです。  肝の味もしっかりあります。 岩塩を使っていますが塩の味もいいですね。

 続いてぼんじり

 IMG_0017_convert_20230927171253.jpg

 これが見たことも無いくらいデカいぼんじりです。 ウマい! 塩加減も最高にいい。

 3つ目はもも

 IMG_0022_convert_20230927171418.jpg

 弾力がいいですね。 皮は香ばしく身はジューシーです。

 痩身髭面で手拭いを被って黙々と仕事をしている大将が職人然としていいですね。 ただ炭焼きの台が小さく一度に焼ける量が極めて少ない。 ここまで1時間以上かかって3本。( ̄▽ ̄;)
 
 京都の焼鳥屋はのんびり待つのが普通なのでしょうか。 まぁ6時間も回り道した身からすれば今更大した問題じゃないですけどね。( ̄▽ ̄;)

 しばらく間が空いてちょうちんが出てきました。

 IMG_0024_convert_20230927171432.jpg

 甘くて美味しいです。 レアを期待しておりましたがミディアムでした。
 
 続いてせぎも

 IMG_0026_convert_20230927171445.jpg

 タレと焦げ目が入り混じって濃厚な色になっておりますね。 くちゅくちゅした食感で美味しいです。

 残るは最初に注文した若狭のグジの塩焼きですが待てど暮らせど出てきません。 嫌な予感がしたので女将に確認してみると忘れていたご様子。 

 ナンテコッタイ! 今日はこういう日なんだ、きっと!。゚(゚´Д`゚)゚。

 今さら更に待つのも面倒なので注文を取り消してもらいお勘定。 丁度5000円でした。

 料理は美味しいのですがオペレーションに改善の要ありですねぇ。( ̄▽ ̄;) ごちそうさまでした。

 3500文字超の大長編になってしまった。( ̄▽ ̄;)

 IMG_0027_convert_20230927171500.jpg

 あたりはすっかり暗くなっていました。 夜の知恩院も雰囲気があっていいですね♪

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

名物のきんし丼をいただきました♪

 仕事も終わったので錦市場を散策すると信じられないくらいの閑古鳥! 

 呉より人が少ない!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 京都ってホントに観光客頼みの街だったんですねぇ(しみじみ)

 さて、散策しておりますと何とも歴史を感じさせる店構えの老舗京極かねよが見えてまいりました。

 IMG_1612_convert_20210323090546.jpg

 以前から来てみたかった店ですがタイミングが合わずに今日まで縁が無かったのであります。

 ランチタイムとはいえすし善でチラシを食べてまだ1時間しか経っておりませんがまぁ何とか腹に入るでしょう。

 だって昨晩ほとんど何も食べていないんですからね( ̄▽ ̄;)

 それにしてもいい感じに醸されたシブい木造の店舗は大正時代の建築だそうであります。 いざ、入店!

 IMG_1611_convert_20210323090742.jpg

 2階もありますが1階のテーブル席に案内されました。 イニシエ感たっぷりの店内がたまりませんね。 中庭には滝が流れております!(゚∀゚;)

 人気店、しかもランチタイムど真ん中ですが客は私を含めて3組とコチラも非常に風通しのよい状態ですな。

 客としてはのんびり過ごせていいですがお店は大変かもしれませんね。

 注文したのは瓶ビール(大)と名物のきんし丼。 朝から錦糸玉子続きですが( ̄▽ ̄;)

 IMG_1605_convert_20210323090609.jpg

 きんし丼と言っても錦糸玉子ではなく鰻丼の上に座布団型の玉子焼きが乗せられた独特のモノ。 

 そしてメニューを見て思わず注文してしまったコイのお造り。 コイを出してくれる店は最近少ないですからね。

 さて、最初にコイのお造りが出てまいりました。 見た目はアジの刺身みたいですね。

 それにしても酢味噌がとんでもなくタップリですね。 小鉢並です( ̄▽ ̄;)

 IMG_1604_convert_20210323091053.jpg

 そのコイですがまったく臭みやクセはありません。  食感がいいですね。

 見た目はアジですが食感はコリっとしてまったく別物です。

 IMG_1606_convert_20210323090625.jpg

 酢味噌とのコンビネーションもよく味的にはビールより日本酒の頼んだほうが良かったかもしれません。

 きんし丼は特上(3700円)、上(3100円)、並(2600円)とあります(いずれも税込み価格)

 コイの造りも頼んでいたので丼は並にしました。

 IMG_1608_convert_20210323090704.jpg

 まず玉子焼きですが本当にデカいです。 ふんわり系かと思っておりましたが表面がカリッと焼き上がっております。 

 この食感は中々いいですね。 味的にも甘過ぎずこの玉子焼きは美味しいですね。

 IMG_1609_convert_20210323090716.jpg

 玉子焼きの下に隠れている鰻は正直に言って少なめです。 この辺が並の並みたる由縁でしょうか。 

 デカい玉子焼きが付いて2600円ですから妥当なのかもしれませんが鰻そのものを味わいたいなら上以上を注文するほうがいいと思います。

 IMG_1610_convert_20210323090729.jpg

 鰻は少なかったですが炭火焼きならではの香ばしさはしっかりあります。 タレの味も悪くありません。

 コイの造りが950円、大瓶のビールが700円で合計で4250円(税込み) 

 本体価格は3864円なので観光地価格にしては良心的かもしれませんね。

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

いが餅

Author:いが餅
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

酒場 (1077)
北海道 (2)
青森県 (2)
秋田県 (2)
東京都 (104)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
滋賀県 (16)
京都府 (32)
奈良県 (6)
三重県 (13)
大阪府 (214)
兵庫県 (37)
岡山県 (1)
広島県広島市 (185)
広島県呉市 (296)
広島県東広島市 (10)
広島県江田島市 (2)
広島県尾道市 (6)
広島県福山市 (6)
広島県廿日市市 (3)
島根県 (11)
山口県 (5)
愛媛県 (8)
福岡県福岡市 (15)
福岡県北九州市 (58)
熊本県 (2)
鹿児島県 (11)
沖縄県 (9)
家飲み (165)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (8)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (16)
未分類 (0)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR