fc2ブログ

2024-05

角館を散策♪

 マタギの湯はココ。( ̄▽ ̄;)
 
 IMG_1598_convert_20240113152402.png

 宿を出てバスで角館に移動。

 武家屋敷が残る角館を散策。

 IMG_1603_convert_20240113142337.jpg

 いやぁ~立派なものでございますなぁ~

 IMG_1601_convert_20240113142316.jpg

 途中で味噌田楽を一本購入。( ̄▽ ̄;)

 IMG_1607_convert_20240113142400.jpg

 その後、再びバスで秋田市内の秋田県立美術館を見学。 藤田嗣治の作品の収蔵が有名です。

 近くにある旧秋田城跡。

 IMG_1617_convert_20240113142458.jpg

 昼食は秋田市内で比内地鶏の親子丼。

 IMG_1609_convert_20240113142416.jpg

 稲庭うどんなど。

 IMG_1611_convert_20240113142434.jpg

 こうして青森、秋田と回る北東北歴史ツアーは終了したのでした。

 秋田空港でなまはげとご対面。

 IMG_1620_convert_20240113142519.jpg

 IMG_1621_convert_20240113142534.jpg

 搭乗時間まで秋田の田沢湖ビールで喉を潤す。

 無事に広島に戻ったのでありました。(* ̄∀ ̄)

 
食べログ グルメブログランキング
広島ブログ
スポンサーサイト



熊鍋が美味しかったぞ~♪(* ̄∀ ̄) マタギの湯

 北東北遠征二日目の宿は秋田県の山奥でひっそりと営まれているマタギの湯

 IMG_1587_convert_20240112093535.jpg
 
 秋田に来て夜の街のスナックで秋田美人との邂逅を長年夢に見ておりましたが・・・

 周辺は森と清流のみで夜に宿の外に出ると漆黒の闇の中でと遭遇する可能性大! 特に今年は多いらしい。。゚(゚´Д`゚)゚。 ナンテコッタイ!

 IMG_1596_convert_20240112093651.jpg

 とは言え秘境の宿も嫌いではないし個人では中々来ることも出来ないので万事手配してくださった幹事様には感謝するしかありません。

 宿に足を踏み入れるといきなりツキノワグマの親子のお出迎え。( ̄▽ ̄;) 

 IMG_1585_convert_20240112093517.jpg

 今年は街中でも熊の出没が多いそうですが歴史的にも秋田の山中は熊が多くマタギを生業とする人が多かったそうです。

 打当温泉は昔からマタギ衆が疲れを癒す温泉だったそうですが今は一般の宿泊客をマタギ料理で楽しませる温泉宿となっております。

 IMG_1580_convert_20240112093456.jpg

 温泉もいいですがメインはやはり熊鍋を含む深山料理です。 

 夜の宴会。 こういう宴会も昭和な感じで懐かしいですね。

 IMG_1558_convert_20240112093158.jpg

 となりの部屋には熊の敷物が。( ̄▽ ̄;)

 IMG_1559_convert_20240112093216.jpg

 この日の季節膳のラインナップは以下の通り。

 前菜  季節の3点盛り
 刺身  マス、ナマズ、湯葉
 揚物  茄子の田楽
 焼物  岩魚の塩焼き
 蒸物  茶碗蒸し
 鍋物  熊鍋
 香物  母衆漬物
 煮物  里山の煮物
 食事  山菜ごはん
 甘味  フルーツ

 IMG_1560_convert_20240112093243.jpg

 と、まぁほぼ山のモノですが中々楽しめるラインナップです。 岩魚は実に立派なサイズで美味。

 IMG_1561_convert_20240112093259.jpg

 ナマズや山菜も美味しいですが何といっても楽しみにしていたのは人生初の熊鍋です。

 今年狩猟されたツキノワグマだそうです。 クセが強いのかと思いましたが鮮度がいいのか調理が上手なのかまったく臭みはありません。 他の具材はキノコやネギ、豆腐など。

 IMG_1571_convert_20240112093426.jpg

 鍋には熊肉がたっぷり入っています。 非常に柔らかいですね。 鍋は味噌仕立てなのですが割とサッパリした味付けです。 臭みを消すために濃い味付けにしてあると予測していたので意外でした。

 IMG_1574_convert_20240112093441.jpg

 しかしそのアッサリした味噌仕立ての汁が美味しい。 酒のチェイサー代わりに熊鍋の汁を飲むという珍しい酒盛りです。(* ̄∀ ̄) 

 酒は生ビール。

 IMG_1566_convert_20240112093346.jpg

 地元の日本酒。

 IMG_1569_convert_20240112093406.jpg

 そして名物の幻のどぶろく

 IMG_1563_convert_20240112093332.jpg

 添加物、保存料を使用していない昔ながらの濁り酒です。 どぶろく特区での濁り酒造りは自分の田で作った米を使用しなければならず他の農家から仕入れて作ることは出来ません。
 
 ゆえに収穫したコメの量以上の濁り酒を作ることが出来ないので売り切れ御免の逸品だそうです。 なかなか美味でしたよ。 でも普通の日本酒のほうが好き♪(* ̄∀ ̄)

 部屋に戻って昼間お土産物売り場で購入したツマミや酒を広げて2次会となるのは当然の流れ。( ̄▽ ̄;)

 IMG_1556_convert_20240112100218.jpg

 朝風呂の後の朝食はほぼ山菜の超ヘルシー膳です。

 IMG_1591_convert_20240112093601.jpg

 味噌汁が腹に滲み渡りますねぇ~( ̄▽ ̄;)

 館内にはマタギ資料館などもある。
 
 IMG_1595_convert_20240112093618.jpg

 実際に使われていた猟銃。

 IMG_1594_convert_20240112093632.jpg

 いやぁ~中々面白かったですよ♪(* ̄∀ ̄)

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

いが餅

Author:いが餅
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

酒場 (1077)
北海道 (2)
青森県 (2)
秋田県 (2)
東京都 (104)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
滋賀県 (16)
京都府 (32)
奈良県 (6)
三重県 (13)
大阪府 (214)
兵庫県 (37)
岡山県 (1)
広島県広島市 (185)
広島県呉市 (296)
広島県東広島市 (10)
広島県江田島市 (2)
広島県尾道市 (6)
広島県福山市 (6)
広島県廿日市市 (3)
島根県 (11)
山口県 (5)
愛媛県 (8)
福岡県福岡市 (15)
福岡県北九州市 (58)
熊本県 (2)
鹿児島県 (11)
沖縄県 (9)
家飲み (165)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (8)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (16)
未分類 (0)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR