2013-05

長州鶏の膝ナンコツでグビッ!

   5月25日土曜日の話

  膝ナンコツと聞くと、なんだか健康番組の一節みたいですが・・・・(^^;)

 酒好きの人って居酒屋でもナンコツ食べますよね。

 デパ地下で綺麗なナンコツを発見。 長州鶏の膝ナンコツと書いてある。

 一瞬もためらわずに買いましたよ(笑)

 塩コショーとニンニクでソテーしました。

 鳥ナンコツ

 同じくデパ地下で買ったお酒。

 コールド大関

 コールド大関

 冷用日本酒

 スパークリング ホワイト

 やさしい微発泡にごり

 色々書いてあるので、何が商品名だか・・・・・コールド大関かな(^^;)

 カルピスソーダにアルコールが混ざったような味。

 夏に脂っこいものを食べる時とかにはアリかな。


スポンサーサイト

なわないにて美和桜を飲む

 5月10日金曜日の話

 太田和彦さんの居酒屋味酒覧(第二版)に唯一登場する広島市内の居酒屋。
以前から覗いてみたいと思いつつも、中々行けそうで行けなかった店です。

 なかなか艶っぽい店が立ち並ぶ路地の地下に店があります。
ビルの地下に降りると壁をくり抜いたような人を喰った入口があります。

 なわない

 まあ、これは有名なので驚くこともありませんが、入口の扉の前で暖簾の代わりのように陰干しされている魚の切り身には一瞬ギョッとします(笑)

 干物

 店内は古民具をあしらったような牧歌的な店舗であります。
カウンターに座ると正面のボードに本日のお奨めが書かれてあります。

 2軒目なのでビールではなく最初から熱燗でいきましょう。
美和桜の本醸造を浸けてもらいます。 湯煎ですね。 やはり名店はこうでなければいけません。

 美和桜

 お通しは小松菜を炊いたもの。 これは熱燗のいいアテになりますね。
お勧めの中から、小イワシの塩焼とホタルイカの酢味噌和えを注文します。

 小イワシの塩焼は店の名物で、オーナーが軽く塩を振って焼き上げたものを七輪の上に載せて供されます。
七輪の中には小さい炭が入れてあり、焼くというよりは保温のためのようでもあります。

 小イワシ焼き

 一夜干しではなく刺身用の生の小イワシを焼いたものなので、ハラワタの苦みも瑞々しい乙な一品で、実にウマい!
この心地よい苦みにオジサンは癒されるのであります。

 火の通し方も95%くらいなのがイイですね。 頭から尻尾までムシャムシャ食べてしまうのは当然です。
これは県外の人にはぜひとも食べてもらいたい一品ですね。

 ホタルイカも旬ですね。

 ホタルイカ

辛さが鼻から鼓膜へ突き抜けていく感じの辛子酢味噌がたまらない。

 美和桜も広島酒の特性が凝縮されたような味です。
口に含んで柔らかく、本醸造らしい芯と蔵の気合が滲み出てくるような酸味。 こりゃあ熱燗の優等生です。

 こういう酒が居酒屋の料理にゃ合うんですねえ。

 一連の料理と美和桜の熱燗を2本で2500円。

  次回は一軒目で来たい店ですね。






自宅にて天狗舞純米を飲む

  ここ数日天狗舞の純米を飲んでおります。

 初日は冷やして。 蒲鉾や枝豆天をツマミながら。

 枝豆天

ちなみに枝豆天というのは枝豆を魚のすり身に包んで揚げたものです。

味の濃さを感じる酒ですね。 あと酸味を強くかんじます。

 翌日は熱燗で。

一度50度以上にして、35~40度くらいに温度が落ち着いてきたくらいの時が美味しかったですね。

酸の主張も若干まろやかになる。

筍とカレイの煮付。 筍は義母が持ってきてくれました。

 天狗舞

私が筍好きなのを良くご存じなので(^^)

特筆すべき出来事があったわけではありませんが、
 平凡な幸福というものがジンワリ感じられた一日でした。


迷亭にて宝剣を飲む

  5月8日水曜日の話

 久々に呉市内の迷亭さんに。

 迷亭

二軒目なので軽く一杯という感じです。

 席に着くと目の前には瑞々しい三つ葉の山が。

 三つ葉

おでんの出汁で軽くサッと湯掻いたら美味しいだろうなあ
 
 なんて考えながらウインナーを注文してしまった私です(笑)

 ウインナー

ケチャップまでかけられてしまった。 

 これは無くても良かったんですけどね。

ビールならむしろ大歓迎ですが。

 ここは熱燗を飲む店なので。

本日は地元の宝剣を。

 宝剣

 最近は県外でも人気がありますね。
 
 宝剣ぐいのみ

 いつものように竹のぐい飲みで。 超満タンですね(笑)


 

箸置き

 家にある箸置きです。
 
 箸置き

  つくしです。

 1本1本抜いて使います。

 妻がこういった小物を集めるのが好きなんですね。

 そんなにたくさんあるわけじゃありませんが(笑)

  まあ これも和ですね。



自宅にてフグのヒレ酒を飲む

  5月4日土曜日の話

 随分暖かくなってきましたが、たまにフグのヒレ酒が飲みたくなります。

最近は便利なものがありましてね。

もっとも随分前からある商品ではありますが、

黄桜と春帆楼のコラボで実現したヒレ酒。 トラフグのヒレを天日干しにしたものが一枚入っている。

 ヒレ酒

日本酒にはこういう楽しみ方があるのがイイんですね。

酒の肴は日本酒に合うものを妻が準備してくれました。

ブリカマですね。

 ブリカマ

こりゃあもう定番中の定番です。

旬のホタルイカ。 目玉も全部取ってくれてます。 上手に並べてますねぇ(笑)

 ホタルイカ

普通に酢味噌で食べても美味しいですが、

 ホタルイカ3

二男が考案した七味マヨ。

 ホタルイカ2

炙ったエイヒレとかイカの一夜干しでは、この食べ方は今や定番ですが、

ホタルイカでやったことはなかったなあ。

これがイケる。

電子レンジでチンしたヒレ酒。

 ヒレ酒2

ウマい。 何も言うことは無い。


呉のみなと祭り

  4月29日月曜日の話

 去年もブログに書きましたが、今年も載せちゃいますよ。

 年々盛大になってきましたね。

 祭りのテキ屋と違って、地元の居酒屋や食肉業者、あるいは組合の店が大量に出店し、ウマい串焼きだのビールだのを昼間っからグビグビ、ムシャムシャと人目も憚らずに飲み食いできる有難いイベントであります(笑)

 これは牛串の屋台ですね。 牛串の店は毎年多いんですよね。

 牛串の屋台

 こちらは鳥肝煮込みの屋台。 買ったぞー。

 鶏肝の屋台


 鶏肝

 ウミャ~イ。 珍しく息子も食べてたぞ。

ここも牛串を売ってるね。 ペルシャ料理なんてのもある。

 ペルシャ料理

 ここは世羅牛のステーキだったかな。

 世羅牛の屋台

 ローストチキン。 これもウマかった。
 
 ローストチキンの屋台

 空とぶ唐揚げ。 人がいっぱい並んどったぞ。

 空飛ぶ唐揚げの屋台

 毎年恒例の100円利き酒。

 日本酒味きき

 くどき上手をいただきました。

 豚バラの西京漬けを食べながら、くどき上手をグイッ。

 豚バラ西京漬け

 キジがメインの屋台ですが、買ったのは、安いもも焼き2本入り500円。
「ちっちゃいから400円でいいよ」と言われた。 ありがとう。

 キジ屋さんの屋台

 全国酒類コンクール地ビール部門で3年連続1位の岡山の地ビール、独歩ピルスナー。

 岡山の地ビール

 もも焼きをムシャムシャ食べながらピルスナーをグビグビ。

 地ビールと鶏もも焼き

 ふぅ~ いっぱい食べたな。




鶏すき

  4月28日日曜日

 最近すき焼きを食べていないことに気が付いた。

鍋は年から年中食べていますが、すき焼きは今年に入ってゼロ。

 なんでかなぁ。 子供らが鍋の〆で食べる雑炊や麺を喜ぶから鍋ばっかりになったのかな。

とは言え食べたいなあと思い始めると無性に食べたくなるのが人情ってもんです。

 よし今日はすき焼きにしよう。 しかも鶏すきに(笑)

元々すき焼きの時にも牛肉以外に鶏を入れるのが好きなんです。

 すき焼きの割り下でグツグツ煮られた鶏肉のウマさと言ったら(ヨダレがぁ・・・・)

昨日デパ地下で買い物をしたのは既に書いたとおりですが、

 その時に美味しそうな、いかにも鶏すきに合いそうな長州鶏が安く売られていたというのもあるでしょう。

さて 久々の鶏すきです。

 鶏

 いやあイイ感じですね。

子供らも
 ムシャムシャムシャムシャムシャムシャムシャムシャムシャムシャムシャ・・・・・・

と美味しそうに食べていました。

 鶏すき

 いや こりゃ マジでウマい!

 

デパ地下

  4月27日土曜日の話

 晩飯用の買い出しは近場のスーパーで済ませることが多いのですが、
広島に出るとデパ地下で買い物して帰ることも多い。

 当然晩酌用のツマミを購入するのですが、
やっぱり美味しそうなものを置いてますね。

 鮮魚コーナーに置いてあった「のど黒の炙り」

 のど黒

 ウマそおぉ と思って買ったら、やっぱりウマかった。

 精肉コーナーに置いてあった「鳥肝煮」

 鶏肝煮

 ウマそおぉ と思って買ったら、やっぱりウマかった(笑)

 これだけあれば自宅も居酒屋も変わらんよね。

 でも外に飲みに出るんですけどね(^^;)




呉人で石鎚を飲む

   4月20日土曜日の話

 東広島の友人が呉で飲みたいと言うもので、こちらの呉人さんをチョイスしました。

 久しぶりに呉人の〆鯖を味わう。

 〆鯖

 相変わらず肉厚のイイ鯖を使ってますね。

 久々の地物(瀬戸内海)だそうだ。

 〆鯖はやはり日本酒が合う。 ということで店主お勧めの石鎚を熱燗で。

 石鎚

 こりゃあ万人がウマいと言うに違いない味ですね。

 いわゆる燗映えする純米酒です。

 力強さ、旨み、切れの良さ、実にバランスがいい。

 こりゃウマい酒だ。

 こちらは曲げわっぱのお猪口。 店の若大将が見せてくれた。

 まげわっぱ

 結構高かったんですよ~ だって。 珍しいよね。 欲しいなあ(笑)


そらやにて十字旭純米を飲む

   4月18日木曜日の話

 また来てしまいました。 そらや。
名古屋からの出張帰り。 広島駅で降りてわざわざ・・・
  我慢できなくなって・・・

 一杯目は当然生ビール。
ツマミには450円のハタハタの刺身。

 ハタハタ刺身

 アマゴのような繊細な食感。 濃厚な旨みという点ではイワシやサバに劣るが、なめらか、しっとり、瑞々しい味わい。

 ポテサラは相変わらず美味しい。 ジャガジャガ率の高い濃密なる150円。

 ポテサラ

 熱燗は十字旭の純米。 

 十字旭

 活性炭を使ってない酒本来の色ですね。

 十字旭熱燗

これも美味しいですが、前々回飲んだ無濾過原酒の熱燗のほうが好みかな。

 3杯目は辨天娘青ラベル。 ジョニー・ウォーカーみたいだですね。
プラス9度の辛口。

 辯天娘

 こりゃ ナタの切れ味。 シンザンだね。
隣の人が食べていた「するめいかの肝焼き」が美味しそうだったので、私も注文する。

 するめいかの肝焼き

 350円。 プリプリした食感。 肝の風味が熱燗に合う。

アルコール3杯。 料理3品で2090円でした。

 いやあ いい酒場だなあ。 


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (347)
北海道 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (69)
広島県呉市 (110)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (21)
熊本県 (2)
家飲み (134)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR