fc2ブログ

2020-05

相変わらずのウマさ!(* ̄∀ ̄)  豚足のかどや♪

 時刻は午後4時。

 晩飯にはまだ早いが・・・ 久しぶりにどうしても豚足のかどやに行きたくなった ( ̄▽ ̄;) 

 かどや

 コチラの店もいつもは超満員の時間帯ですが7割くらいの入り。 でもこの時期としては入っているほうでしょうかね。 さすが人気店ですねぇ~(* ̄∀ ̄)

 飲み物は大瓶のビール。 そして当然トロトロに煮込まれた豚足!

 豚足

 特製タレとサービスの青ネギとキャベツが標準装備されて準備OK♪

 う~ん、相変わらずの美味しさ。 豚足も柔らかい。 

 ネギかけ

 箸を上手に使って食べている人も多いですが私は不器用なので手でつかんでムシャムシャ食べます( ̄▽ ̄;)

 ツラミの肉々しい歯ごたえも野趣あふれる感じで好きです。

 ツラミ

 この雰囲気も含めてダメな人はダメでしょうが馴染める人にはたまらない店です。

 コラーゲンタップリの煮汁のスープはサービス。

 スープ

 残っているネギとキャベツを小さくちぎって入れると更に美味♪(* ̄∀ ̄)

 スープ②

 久々に来れて満足ですが来るたびに値上がりしてるんですよねぇ(* ̄∀ ̄) 

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ
スポンサーサイト



一番人気の美津の焼きをいただきました♪(* ̄∀ ̄) 

 3月に出張で大阪に行った時のこと、有名なお好み焼き屋のお好み焼きが食べてみたいと思いナンバ界隈の人気店を検索。 

 上位人気の美津のが美味しそうにみえたので行ってみました。

 外観

 昼の1時半頃だったでしょうか、普通なら行列必至の人気店のようですが新型コロナウイルスの影響でしょうか、非常事態宣言が出される前でしたが既に店頭には人影はありません。

 それどころか店先で迷っていると中から女性店員が現れて「どうぞ~、どうぞ~」と勧誘されてしまいそのまま入店してしまいました( ̄▽ ̄;)

 店内は意外と狭く三日月型のカウンターにはお客さんがギッシリ。
その目の前の鉄板で店員が焼くという臨場感あるスタイルです。

 鉄板

 カウンター席の後ろの壁際に順番待ちの客の席が置いてあります。
 
 そこでメニューを渡され何を注文するか決めるようです。 席が空いたらすぐ調理に入れるように事前に具材を準備するようです。 少しでも回転をよくするための人気店ならではの知恵ですね。

 メニュー

 注文したのは店員さん曰く「店で一番の人気です」という1430円の美津の焼です。

 広島では食べたことが無い超高額なお好み焼きですが美味しいものが食べたかったので奮発しました( ̄▽ ̄;)

 豚、ミンチ、イカ、エビ、貝柱、タコが入った豪華なお好み焼きです。

 そのうちに「席が空きましたのでコチラにどうぞ」と2階に案内されました。 目の前のカウンター席で食べれるものと思っていた私としては多少残念ですが2階もあったんですね。

 2階は1階よりは席が多くテーブル席のようになっていて各テーブルに鉄板が備え付けられてあり一応目の前で店員が焼いてくれます。

 まずは当然生ビール。

 生

 さて、店員さんが手際よく調理してくれるのはいいのですが目の前で焼かれるお好み焼きの小ささに驚きました。

 製作1

 最初は間違ってハーフサイズを注文したのかと思いましたがノーマルサイズのようです。

 製作2

 私の人生で出会った最も小さいお好み焼きです。

 製作3

 目の前に置かれてある取り皿や箸と比べると一目瞭然ですね。
 
 比較

 確かにいろんな具材は混ざっていますが肉なども実に少量です。

 店員さんは上手に焼いてくれますし味的にも悪いわけではありませんが・・・  あまりの小ささと値段のギャップにある意味衝撃を受けました( ̄▽ ̄;)

 完成

 場所的にある程度高めな価格設定にならざるを得ないのは理解できますが、それにしてもって感じる広島県民でした( ̄▽ ̄;)

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

昼飲みできます(^▽^)ノ 「地魚屋台ごっつぁん」

 居酒屋さいとうから小倉に戻るとちょうど昼の時分。

 そのまま広島に帰っても良かったのですがまたいつ来れるか分からないので繁華街をふらふら歩いていると・・・ たまたま見つけた看板!

 看板2

 「昼飲みやってます!」

 看板1

 「昼飲み中はレモンサワーが半額の190円」ですと!(゚∀゚;) 

 これって私を歓迎してくれてるんですかね?(´・ω・`) 

 この店は予定には入っておりませんでしたが・・・ 

 外観

 入店しちゃいました(´・ω・`) 

 日曜日とはいえ真昼間なのでお客さんはわずかですが、それでもしっかり昼飲みピープルはいるようです。

 当然一杯目は190円のレモンサワー。

 チューハイ

 手作りではなく業務用ですがこの値段なので文句はありません。

 お通しに枝豆(推定300円)が出てきました。

 お通し

 メニューを見ると色々ありますねぇ。 今どきの大衆酒場にしては鮮魚メニューが多いのも意外。
 
 メニュー

 後で表の看板を見たら「鮮魚屋台」って名乗ってるんですね。 なるほど。 場所も魚町だしね(* ̄∀ ̄) 

 とりあえず一品目に外れが無さそうな「マグロアボガド・480円」を注文。

 マグロ

 うん、悪くないっス。

 二品目は「セセリのから揚げ・550円」塩コショーたっぷりで酒が進みますわ。

 せせり

 二杯目に380円の角ハイを注文したらお店のお兄ちゃんが
「今の時間はビームハイなら190円ですよ」という優しいアドバイスが!

 なるほど。 それでは190円のビームハイにします。

 ハイボール

 感じのいい店員を見るとサービスでもう一品くらい注文してあげたくなるのが人情というもの(* ̄∀ ̄) 

 後ろのテーブル席のオジサンと若いオネーサンのカップルが食べている天ぷらが美味しそうだったので「天ぷらごっつ盛り」のハーフサイズ・790円を注文。 

 エビで鯛を釣られてしまいましたね(* ̄∀ ̄) 

 天婦羅

 サツマイモ、ナス、カボチャ、ちくわ、エビ、キスの6種類。揚げたてなので普通に美味しいです。

 天つゆもナミナミと注いでケチってないのがいいですね。

 タレ

 大衆酒場って天つゆが異様に少ない店とかもありますからね。

 合計で税込み2750円。
安いドリンクに釣られて入ったにしては結構いっちゃいましたね。

 年中無休で毎日昼から営業なんですね。 コロナに負けずに頑張ってちょーだいませ(* ̄∀ ̄) 

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

北九州カクウチ探訪28 居酒屋さいとう こりゃ北九州一っスね!(`・ω・´)キッパリ  

 日曜日に営業している角打ちはほぼ無いと言っていい。 それが一軒だけあったのだ。 その名も居酒屋さいとう。

 名前だけを聞くと立飲み、あるいは居酒屋のようにも見えるが長年の角打ちウォッチングの経験から私には妙な確信があった。 
 
 この店は絶対に角打ちだと。 しかも朝から飲めるという。 こりゃ行くしかないでしょう(* ̄∀ ̄) 

 最寄りのスペースワールド駅で降りスマホ片手に店を探す。 なだらかな上り坂が長く続く。 

 かつて八幡製鉄所があった跡地は実に広大で店まで遠い! 25分かかってようやくたどり着いた(;´Д`A 

 この辺りは中央地区と呼ばれかつては八幡地区の中でも特に栄えた地域らしいが今や兵どもが夢の跡という感じですねぇ・・・ 

 商店街

 呉を見てるみたいで妙に親近感が湧いてきますなぁ(遠い目・・)

 さて、その居酒屋さいとうですが昭和に建てられたであろうマンションの1階にあります。 

 全景

 斎藤酒店の横に居酒屋さいとうの暖簾が下がっています。

 酒屋側

 日曜日の午前中ですがしっかり営業しておられますな。 ここまで来て臨時休業、もしくは廃業(古い角打ちはこの可能性がバカになりません)していたらショックですからね。

 のれん

 暖簾を潜り店に入る。 L字型のカウンターの内側にお爺さんが一人。 この方が店主であろう。 お客さんはまだ誰もいない。 
 
 まず目につくのは冷蔵ケース。 料理がビッシリ。 凄い種類だ(゚Д゚;)

 ショーケース

 延々と歩いてきたのでまず瓶ビール。 歩かないでもビールですけどね( ̄▽ ̄;)

 大瓶

 料理は数えたら51種類あった!(゚Д゚;) まだ午前11時前である。 

 一体お爺さんたった一人で何時から仕込んでいるのだろう?

 とりあえずカツオの刺身とメザシを選択。 メザシは老大将が電子レンジで温めてくれた。

 隣の酒屋とは当然繋がっている。 両方を一人で店番しているようだ。

 店内

 元々は普通の角打ちだったのだが料理が好き過ぎて飲食店の免許を取ったそうだ。

 カツオの刺身が美味しいですね。

 刺身

 こういう酒場で摘まむメザシもまたよし♪

 めざし

 私が飲んでいる間も色々と料理を作っている。

 居酒屋と名乗っているのは料理と真剣に向き合っているというプライドだろう。
ただ老店主一人で酒屋と飲み場を仕切っているのだ。 角打ちと名乗って憚りは無いであろう。

 酒屋を始めたのは40年前だが、なんと角打ちを始めてから30年間無休だという!:(;゙゚'ω゚'):スゲェ~

 元々はお父さんが八幡製鉄所の東門付近で角打ちをやっていたそうでその店は兄が継いだそうだ。 製鉄所全盛のころは凄く繁盛していたそうだが4年前に閉店したそうだ。 4年前に来ればその店でも飲めたのにね。 残念(´・ω・`)

「昔は小倉よりも八幡のほうが賑やかだったんですよ」という言葉に八幡愛が滲み出ている。

 「この店は暖簾分けではなく私が初代です」と言い切る大将に自分の店に対する誇りを感じた。
それにしても30年間一日も休み無しなんて凄過ぎる!:(;゙゚'ω゚'):

「私は料理を作ってお客さんと接するのが大好きなんで辛いと思ったことは一度もありません。 この齢になっても毎日が楽しくてしょうがないんです」という。 う~ん、素晴らしい。 こりゃ角打ちの大将の鏡だ!(゚∀゚;)

 元々は立飲みだったが常連が高齢化してきたので最近椅子を入れたという。

 それにしてもココも猫ちゃんがマスコットのようですな。 雄のスーちゃんと雌のミルちゃん。 
親猫の代からこの店に住み着いているそうだ。  2匹とも美形ですな。 猫を抱いている時の大将は幸せそうですねぇ(* ̄∀ ̄) 

 店主と猫

 店内は元ソフトバンクの秋山のポスターが貼りまくってある。 奥様が大ファンなのだそうだ( ̄▽ ̄;) 
ちなみに大将はミスタージャイアンツ長嶋茂雄のファンだそうです。

 これほど素敵な店と大将に出会えたのにビール1本で帰るのはもったいないね。
九州菊のヒヤも一杯。

 九州

 料理もクジラの刺身と菜の花の辛し和えを追加。

 クジラは臭みもなく量もタップリ。 こりゃヒヤ酒に合いますねえ。 

 くじら

 菜の花

 ダイコンのツマも全部手切り。

 大根のけん

「ダイコンが美味しいですよね」と大将の談。 〆て合計で2550円。

 価格的には角打ちというよりも大衆酒場ですが昔の10分の一くらいしか客が来ないのに毎日これだけの料理を準備するためにはやむを得ないですよ。 いや、むしろ安いとすら思えちゃいます。

 白髪頭の大将は一見すると画家のようにも見えますね。 その話をすると店に飾ってある高倉健の水墨画を見せてくれた。

 健さん

「これ私が描いたんです。 健さんが好きでねぇ」って大将何から何まで凄すぎます!:(;゙゚'ω゚'):

 もう文句は無い。 この店こそ北九州の角打ちの頂点である。(`・ω・´)キッパリ

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

北九州のソウルフード♪ 資さんうどん!

 24時間営業のうどん屋とは!

 外観

 朝飯を抜くつもりだったのに・・・

 つい入っちゃったじゃないですかぁ~(;´Д`A 

 もちろん注文したのは名物 肉ごぼ天うどん!

 肉ゴボ天うどん

 うん、美味しいっス♪(*´∀`)♪


食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

ええ感じのバーです♪(* ̄∀ ̄) 

 まずい! まだホテルに帰りたくない病がぁ~~(;´Д`A

 も、もう一軒くらい覗いてもバチは当たらないですよねぇ・・ (;´Д`A

 といっても特に当てはなく、結局再び田舎庵 小倉本店のある辺りに舞い戻ってしまいました(;´Д`A

 もう店を探すのも面倒くさい! ということで偶々目に入ったバーに入ることにしました。

 外観

 店はカウンターだけの小さなバーでカウンターの内側にはオールバックのいかにも夜の世界一筋って感じのバーテンダー氏が一人。
 先客は2組4人。 みんな北九州っぽい人たちでした( ̄ー ̄)ニヤリ

 雰囲気は悪くありません。

 店内1

 一人でフラッと入りやすい感じの店です。

 〆のつもりで入店したのでさっぱりとジントニックで。

 ドレインク1

 ただ・・ 〆のつもりだったのに表にあったメニューに書いてあったオイルサーディンの文字に抗いがたく・・・ 

 表のメニュー

 つい注文してしまいました。
 
 オイルサーディンが好きなもので・・ (;´Д`A

 オーブントースターでじっくり加熱しレモンを添えて完成。

 オイルサーディン

 やっぱりバーで食べるオイルサーディンって最高のツマミなんだよね(* ̄∀ ̄)

 でも野村商店のお婆ちゃんが魚を焼く網で作ってくれたオイルサーディンのほうが美味しかったけどね。

 どちらもサンヨーの缶詰。 北九州では人気があるのかな?

 というわけで2杯目はさらにサッパリしたジンリッキーで。

 ドリンク2

 2杯と一品+お通しで合計2300円。

 バーとしてはリーズナブルだと思いますよ(* ̄∀ ̄) 

 カウンター

 個人的に好きなタイプの店でした♪

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

カクテルバーしろ もはや無形文化財ですな( ̄▽ ̄;) 

 鰻を食べて腹は満たされましたがアルコール摂取の面ではまだ満たされていないので当てもなく小倉市内を徘徊する。

 出来ればまだ行ったことが無い店にしたかったのですが新旦過横丁をふらついていると・・・

 商店街

 以前伺ったことのあるカクテルバー しろが目に入った。

 看板

 今回寄る予定ではなかったのですが他に思い当たる店も無いので久しぶりに覗いてみることにした。

 ドア

 相変わらず花や果物がふんだんに飾られてある個性的な空間です。

 店内

 先客は一組でしたが滞在しているうちにほぼ満席となった。

 おそらく80代であろう老女主は数年の間にさすがに老けたような感じもしましたが相変わらず元気にシェイカーを振っています。

 ここに来ると難しいことは言わずに目の前に居並ぶ季節の果物を使ったカクテルを注文するのが礼儀のようです。

 一杯目はマスカットのカクテル。

 カクテル1

 二杯目はマンゴーのカクテル。

 カクテル2

 我ながら自分に似つかわしくないと思いますがここに来ると自然にそういうオーダーになってしまうから不思議です。

 前回と同じように勧められた炒り銀杏。 これも店の一つのルーティーンなのでしょう。

 銀杏

 炒り銀杏好きの私はもちろん何の不満もないですけどね(* ̄∀ ̄) 

 カクテルはご老体を励まし25,6回のシェイク。 老女将の雰囲気そのままの優しい味である。

 江戸川乱歩の小説に出てくる洋館の中にでもいるような雰囲気とでもいいましょうか。

 女主の存在も含めて他に類を見ない個性的なバーであることに間違いはない。

 それにしてもこのフルーツの山を見よ! 

 店内

 お婆ちゃんバーテンダーの心意気の現れだね(* ̄∀ ̄) 

 店を出て歩いているとライトアップされた小倉城が見えた。

 小倉城

 店名の「カクテルバーしろ」の「しろ」はホワイトの意味ではなくこの「城」のことなのです。

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

小倉の名店で鰻をいただきました♪(* ̄∀ ̄)

 さて、日中角打ちを探索した私はホテルにチェックインした後、満を持して夜の小倉に繰り出したわけである。

 当然夜も角打ちのつもりだったが(たまには美味しいものも食べたいよね)という邪な考えが脳裏をよぎる(´・ω・`)

 予約なしで有名寿司屋に行ってもどうせ入れないだろうし居酒屋という気分でもない。

 繁華街を徘徊していて偶々目に入ったのがコチラ田舎庵 小倉本店。

 田舎庵

 なるほど~ウナギかぁ~ 食べログを見てみると随分と高評価の店である。 よし、ここにしよう。 予約はしていないがこの時期だし空いているだろう。

 と思いきや、超満員である!(゚Д゚;)  え~皆さん自粛わぁ~(お前が言うな!)(^^;)

 ちょうど一回転目のお客さんが出るタイミングだったのか、2,3組ダダダ~ッと入れ替わったので運よく入店できた。 それにしても噂に違わぬ人気店ですな。

 メニューを拝見すると鰻の蒲焼コースの竹(6710円)が、うざく、明太子、肝焼、白焼、蒲焼など一通り楽しめるようですが店員さんに色々聞いてみると一品一品は量が少ないとのこと。

 ビール

 せっかくの名店なのでガツッと楽しみたい気持ちもある。 熟慮の結果単品で以下のものを注文。

 白焼き(3190円)肝焼き(605円)鰻重・竹(4070円) いずれも消費税込み価格です。

 約10分後に肝焼きが登場。

 肝

 非常に香ばしく且つ苦みの少ない肝焼きです。 味付けも濃過ぎない程よいタレの風味で肝の食感もいい。 美味しいです。

 約18分後、肝焼きを食べ終えるタイミングで白焼きが提供される。

 白焼き

 非常にジューシーです。 一般的によくある白焼きのパリっと感はあまり無いですが香ばしさはある。 

 今どきの税抜き2000円台の白焼きにしては肉厚で白焼きらしからぬべチャッと感はあるものの美味しいです。
 
 特性のタレに浸けて食べるそうですがテーブルに置いてある醤油をバサッとかけてワサビを乗っけて食べたほうが美味しかった。

 約25~30分後くらいに鰻重の完成。

 鰻重

 皮がパリっとしています。 タレは甘過ぎずそれでいて必要十分な甘みがあり美味しいです。 食べやすく細かく裁断されています。
 
 鰻は臭みの類は一切無く肉の厚みも価格を考慮すれば不満は無い。 皮の食感が印象的ですね。 全体的に美味しいと思います。

 肝吸い

 北九州に来ると基本的に角打ち中心ですがやはり美味しいものを食べた時の満足感のほうが勝りますね。

 それにしても鰻がもうちょっと安なればねぇ( ̄▽ ̄;) 

 今年は稚魚の漁獲高が昨年の4倍だそうですから値下がりが期待できそうですね♪

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

北九州カクウチ探訪27 野村商店 なんと若戸大橋の真下に角打ちが!(゚∀゚;)

 安部酒店を後にし向かったのは若戸大橋の袂というナイスなロケーションの野村商店。

 若戸大橋

 実は昼の12時ころに一度訪れたのですがよもやの営業前(酒屋としては営業してます)

 情報筋によると朝から飲めるとのことでしたが店の扉にはカクウチは午後5時からという張り紙がある。

 ガラス戸

 なんてこったい!(゚Д゚;) 

 諦めきれない私は「エエェェ~~~」と大げさに驚きながら店番の女性に

「一杯だけでも飲めませんかねぇ? 遠方から来たんですぅ~~」

   とウソの涙を浮かべて懇願すると困惑の表情の女性店員様は

「まだ何も準備ができてないんです・・ 料理とかも・・・」

「どうせ大して料理とか無いんですよね。 飲むだけでもいいんです・・・」

   と今思い返すと随分失礼なことを言っていた私・・(;´Д`A 

「カクウチは母がやってるんです。 2時ころには仕込みで出てくると思うんですが・・・」

「じゃあ2時過ぎに来れば大丈夫ですね」

「たぶん・・・」

 と、お嫁さんを困らせて店を後にした私が安部酒店に向かったのは既述のとおり。

 そして予告通り2時過ぎに舞い戻って来たのであった♪(* ̄∀ ̄) 

 野村商店

 店には先ほどの女性よりも高齢な女性がいる。 この方がお母さんだろう。

「もう飲めますか?」

「あ、広島から来られたという方ですか? いいですよ」

 というわけでめでたく入店♪(* ̄∀ ̄) 

お嫁さんはしっかり伝言しておいてくれたみたいです。 いい仕事してますね( ̄ー ̄)ニヤリ

 酒屋の横に小ぎれいな角打ちスペースがあります。

 カウンターが設えてあり少ないながら席もあります。

 カウンター

 大瓶のビールを注文し飲んでいると2人連れの地元の角打ちフリークっぽい人が入店してきた。

 ビール

 その後近所の常連っぽい人も集まり始めた。

 ビールだけでは芸がないので目の前の棚に並べてある缶詰の中からオイルサーディンを選ぶ。

 店内

 オイルサーディンが好きなもので( ̄ー ̄)ニヤリ

 女将がガスコンロの上に魚を焼く網を敷き缶詰を強火であぶり始めた。

 オイルは全て捨てて醤油を結構タップリ目に入れる。

 ネギを加えた後でもう一度醤油を加えて更に加熱。 グツグツいわせて完成。

 激熱! ウマい! 醤油を煮詰めてあるので濃厚です。

 オイルサーディン

 こりゃ本当にウマい♪(゚∀゚;) 

 地元の角打ちウォッチャーさん曰く

「オイルサーディンはこの店の名物らしいですよ」とのいこと。

 地元の常連客から鶏のから揚げのお裾分けもあり。

 から揚げ

 ワイワイガヤガヤ皆で飲む。

 お店は大将と女将の老夫婦コンビでカクウチを続けている。

 イカ天

 大将は三代目で店そのものは100年以上の歴史があるそうだ。

 現在の店は20年くらい前に建て替えたものです。

 女将も大将も何を聞いても愛想よく答えてくれます。

 若松も昔は栄えていて角打ちも本当に多かったそうだ。

 ほんの10年前くらいまでは角打ちも結構残っていたんでしょうけどね。

 箸

 この店もいつまで続くか分かりませんが一日も長く頑張ってほしいもんです。

 渡し船

 そして再び渡し船に乗って戸畑に渡り小倉に戻る私でした(* ̄∀ ̄)グフ

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

北九州カクウチ探訪26 安部酒店 これは素晴らしい角打ちだぁ♪(゚∀゚;) 

 日本全国自粛ムードで飲食業は大打撃でしょうなぁ(´・ω・`) 

 人気の酒場は多少客が減った程度でしょうが(3月ころの話です)人々の脳裏の外にある今や風前の灯状態の北九州のカクウチなんて閑古鳥だろうねぇ(´・ω・`)

 というわけで・・・・

 する事もない3月のとある土曜日、心配になった私は性懲りもなくふらっと北九州のカクウチ巡りにやって来たのでありました( ̄▽ ̄;)

 今回は長年の宿題であった未体験の若松地区を探索してみることにした。 ウッチャンも若松に凄い店があるって言ってたしね(* ̄∀ ̄)

 新幹線で小倉駅まで行き在来線に乗り換え戸畑まで移動。 

 若戸大橋

 そこから戸畑渡場まで5分ほど歩き若松行の若戸渡船に乗り込む。

 船着き場

 片道100円なり。

 券売機

 渡し船 ちいさっ!

 渡し船

 3分ほど洞海湾の波に揺られて若松に上陸。
 
 それにしても若戸大橋ってデカいですねぇ。 近くで見ると凄い迫力!(゚Д゚;)スゲェ~

 その橋の真下に野村商店というカクウチがあるのだが昼の12時ということもありまだ営業前。

 そのまま歩いて若松の繁華街?らしき辺りを素通りして目的地たる安部酒店に到着した。

 それにしても・・・

 こ、これは!(゚Д゚;) 

 安部酒店

 ナ、ナ、ナイスなビジュアルじゃありませんか!(゚∀゚;≡;゚ω゚)

 こ、これほどの逸材が眠っていたとは! これは完全にドラフト1位クラスの逸材だぁ~(;゚∀゚;)ゾクゾク

 店内に足を踏み入れる。

 店内①

 う~む、期待に違わぬオールディーズな筋金入りの角打ちである:(;゙゚'ω゚'):

 白髪無言の老店主にイカツイ地元の屈強な常連が3人。

 既に数時間は飲み続けていそうな3人は見慣れぬ私に対しチラッと一瞥をくれただけで何事も無かったように常連同士の会話に戻る。

 店内②

 この初心者なら怖気づきそうな常連の結界、負のオーラの洗礼こそ場末の角打ち巡りの醍醐味ではある( ̄▽ ̄;)

 もっともこの程度のことは毎度のことなので私は一向に気にはならないけどね( ̄ー ̄)ニヤリ

 まずは瓶ビールですな。 今日は北九州の飲み屋を満喫する予定なので昼飯を抜いているのでビールがハラワタに染み渡りますなぁ~

 瓶ビール

 (*≧∀≦*)カァ~ッ 大好物の広島駅の肉うどんを我慢してきた甲斐があったというもの。

 それにしても目の前におでんの鍋らしきものがありますが・・・

 鍋のフタ

 す、凄まじい色ですな。 一体何年使ったら鍋のフタがこんな色になるんですかねぇ~:(;゙゚'ω゚'): 

 引き揚げた沈没船の廃材を使ってるのか? それともフタそのものを醤油で煮込んだのか?( ̄▽ ̄;)

 いずれにせよこのシチュエーションでおでんを避けることはできまい。

 おでん鍋

 厚揚げと玉子をチョイス。 老大将が皿によそってくれる。

 おでん

 このおでん、美味しいです。 色は薄いですがしっかりと味が滲み込んでいます。

 すると老大将、おでんを食べている私の前にコップを置き二階堂の四合瓶を持ってきてトクトクと注ぎ始めた。

 「挨拶代わりじゃ」とボソッと呟き定位置に戻る。

 カウンター

 常連の一人が「精力剤じゃ」と言ってニヤニヤ笑っている。

 要するにサービスってことね( ̄ー ̄)
 
 一人で嬉しそうに飲んでいる私を見て(こいつは仲間に入れても大丈夫だ)と思ったらしい。

 二階堂

 それにしても真昼間に飲む二階堂のストレートは効きますな( ̄▽ ̄;)

 こうなってくると一気にフレンドリーになってくるのがこの種の酒場の常連の常で以後四方山話で盛り上がり非常に楽しいひと時を過ごすことができた。

 この後も色々と行きたい店があったのでビール1本の予定でしたが居心地がいいので立ち去り難く結局大瓶2本飲んでしまった。

 常連の中で一番ガタイのいいニイチャンはもう3時間くらい飲んでいるとのこと。 昨晩もココで飲んでいたそうな。
 
 合計で1000円ちょうど。 やっぱり安いよね。

 店内もシブく80才前後の白髪で寡黙な大将も激シブである。 角打ちとしての魅力は満点だね。

 ちなみに店のマドンナは大将の愛猫ミーちゃん。御年18の熟女だ。

 みーちゃん①

 今まで通算でネズミ73匹を捕獲した凄腕のハンターだそうだ。

 老婆、いや熟女とは思えぬボディラインにしなやかな身のこなし、鋭い眼光、これは魔性の女に違いない(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

 みーちゃん②

 最近主戦場だったすぐそばの空き地に鉄製の柵が設けられたのでネズミが現れなくなり数が伸びないのが悩みの種とか( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

 それにしても知れば知るほど奥が深い北九州の角打ち! 今回もまだまだ楽しい出会いがありそうだね(*´∀`)♪

 神社

 コチラは近くにあった神社。 由緒ありそうなのでお参りしておきました(^^)

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

相変わらず迫力がある豚の耳!( ̄▽ ̄;)

 呉市が誇るB級グルメの王者関白ですが、久しぶりに名物の「豚の耳」が食べたくなったのでレッツラゴ~(*´∀`)♪ 
 
まずは生ビールですな。 しかし相変わらずジョッキが汚い!( ̄▽ ̄;)

生

 この店でも超ワンパターンな私です。

まずはホルモン煮。 色んな部位が入っていますが湯掻いただけで味は付いていません。

 ホルモン煮

 これに濃い目のポン酢をタップリ入れてネギをこれでもかというくらいトッピングしただけのシンプル極まりない料理なんですが最高のビールのアテなんですよねぇ~

 混ぜ混ぜ

 七味をしっかりかけて食べるのが店のお勧め!

 そしてメインの豚の耳のジンギスカン。

 ガスコンロで尋常じゃないくらい加熱した鉄板にキャベツを敷き、その上に茹でた豚の耳をアホみたいに盛っていきます。

 耳

 豚耳フェチの私は日本全国あちこちで豚の耳と言えば注文してきましたが単品の料理でこの店以上に耳の量が多い店は見たことがありません。

 これもポン酢に浸けて食べます。

 タレ

 ウマウマ~ッ♪(゚∀゚;) 

 厚さ1センチ以上にスライスされた耳がゴロンゴロンとありますが以前数えたら50ピース以上ありました。

 アップ

 初めての人は視覚的に圧倒されてこれだけで腹いっぱいになりそうですが慣れてくると余裕で食べれるようになります。

 ちなみに以前は900円でしたが若干値上がりして今は1000円(1100円だっけ?)になってます。

 いやぁ~店は汚いけどやっぱり関白ってイイですねぇ~(*≧∀≦*)

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

はずかしながら・・・

 昨年末、弟が何を思ったのか藤田菜七子騎手のカレンダーをプレゼントしてくれた(汗)

 昔競馬に狂っていた時期があったので「きっと藤田菜七子のファンなんだろう」と勝手に推測したらしい(苦笑)

 藤田

 もちろん嫌いではありませんが・・・

 カレンダーを買うほど熱狂的というわけでは・・・ (;´Д`A  

 でもせっかくいただいたので会社の事務所に飾ってあります♪( ̄▽ ̄;)

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

蕎麦屋で飲む日本酒は乙なものです♪

 久しぶりに蕎麦屋飲みがしたくなり呉市中通の彩華さんへ。

 店

 日本酒のレパートリーが多い店ですが本日選んだのは地元呉市の千福の辛口本醸造。

 食べながら飲むには本醸造がいいんですよね。 もちろん熱燗で♪

 熱燗

 お通しは切干大根ですね。

 お通し

 本日のお勧めに書いてあった菜の花の天婦羅。

 天婦羅

 焼き塩をチョンチョンと付けて食べる。 う~ん、熱燗に合いますね。

 〆は当然お蕎麦をいただきます。

 そば

 最近冷たいざるよりも温かいかけを好んで食べている私です(^^)

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

いが餅

Author:いが餅
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

酒場 (780)
北海道 (2)
東京都 (75)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
滋賀県 (10)
京都府 (28)
大阪府 (176)
兵庫県 (13)
岡山県 (1)
広島県広島市 (127)
広島県呉市 (227)
広島県東広島市 (2)
広島県尾道市 (2)
広島県福山市 (5)
広島県廿日市市 (3)
島根県 (7)
山口県 (3)
福岡県福岡市 (15)
福岡県北九州市 (50)
熊本県 (2)
鹿児島県 (11)
家飲み (155)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (7)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (13)
未分類 (0)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR