fc2ブログ

2020-11

人の好さそうなママに癒されます( ̄▽ ̄;) 

 出雲市駅の北側に繁華街があります。 歴史ある地方都市のネオン街というのは中々乙なものです(* ̄∀ ̄)

 ここまで付き合ってくれた約一名はの段階で脱落してしまいましたがもうちょっと楽しみたいですねぇ~

 どの店で飲もうかなぁとふらふらしていると赤い提灯におでんの文字。 古びた外壁に白地に縁の一文字の暖簾もシブい店があるじゃないですかぁ~ 

 IMG_0628_convert_20201130143050.jpg

 ここにしよう♪(゚∀゚;)
 
 入店! んがっ!  こ、これは!(゚Д゚;) 

 思いっきりスナックな店内じゃないですかぁ~( ̄□ ̄;)

 ママは思いっきりお●あさんですし・・ まぁそれはいいとしても・・ まさか2軒続けてスナックになるとは(; ̄皿 ̄) 

 それにしても外から見ればエエ感じの居酒屋にしか見えないんですけどねぇ・・

 ただ居酒屋風のメニューも多く居酒屋使いも出来るスナックといったところでしょうかね。

 まぁ人口の少ない地方の街はこういったハイブリッド型も少なからず在りますからね。

 IMG_0629_convert_20201130143105.jpg

 店内にはかなり出来上がったオッサンもおりますな( ̄▽ ̄;)  適度に絡まれますが場末の酒場ではよくあること( ̄▽ ̄;) 

 ま、とりあえずビール。 おでんの提灯に魅かれて入店したので当然おでん。

 家庭にあるような鍋の中におでんがあります。 売れ残っていたものの中から「ダイコン、ちくわ、小芋」の3種を選択。

 IMG_0630_convert_20201130143123.jpg

 まぁ普通っス(* ̄∀ ̄) 

 オムレツならできるよ♪ と老ママがおっしゃるので「お願いします!」

 IMG_0632_convert_20201130143141.jpg

 うん、よく言えば家庭の味っスね。

 人の好さそうなママに癒されますな。

 場末にはこういう店は必要っス。 3000円ポッキリでした(* ̄∀ ̄)
 
食べログ グルメブログランキング
広島ブログ
スポンサーサイト



こ,これは! 中国地方一なのでは!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

 出雲のお偉いさんから「出雲で飲むならココへ行きなさい」と教えてもらったのがコチラ藤さん。
 
 というわけで・・・ 呉からの遠征組2人で覗いてみました(* ̄∀ ̄)

IMG_0627_convert_20201126104643.jpg

 女性が横に座るわけではないのでカテゴリー的にはスナックとかパブといったところですが店の雰囲気的にはクラブですね。

 カウンター中央のガラス越しにライトアップされた庭が見えます。

 IMG_0623_convert_20201126104600.jpg

 京都に多い町家を改造したバーのような雰囲気ですね。

 元々は料理屋だった店舗を改装したそうです。 それで高級感があるんですね。

「観光地&スナック」というコロナの直撃を一番受けているはずの業種ですが恐ろしく繁盛しています(((( ;゚Д゚)))

 この時期にカウンター内側に女の子が9人、しかも全て美人という恐るべきポテンシャル。 これでもコロナの影響で通常より女の子を4,5人減らしているというから驚きだ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

 こ、これは5000円未満で飲めるスナックとしては中国地方一のポテンシャルなのでは!(;゚∀゚;)

 接待で使う店をお探しの方にはお勧めですな。 ママは美人で明るく接客も抜群で言うこと無し!

 IMG_0625_convert_20201126104927.jpg

 この店の雰囲気、この陣容を考慮すれば一人8000円コースかと思いきや、一人4000円とは! 出雲は人件費が安いのか!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

 う~ん、再訪したい♪( ̄▽ ̄;)

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

名前の通りのどぐろ料理が充実しています♪

 出雲の夜♪

 ホテルでの宴会では当然のごとく出雲の酒で乾杯♪

 十字旭日は骨太の酒。

 IMG_0609_convert_20201124125613.jpg

 まぁそれなりに飲みましたが・・・ ワザワザ泊りで出雲遠征をした身とすればこのまま出雲の夜を終えるのも忍びない(´・ω・`) 

 というわけで・・・ 同じようなことを考えていた約一名をお誘いして夜の出雲の繁華街へと繰り出した(* ̄∀ ̄) 

 地元のお偉いさんに「島根と言えばのどぐろですよねぇ~、のどぐろが食べたいなぁ・・ 」(* ̄∀ ̄)と小さな声で呟いたら教えてくれたのがコチラのどぐろ日本海 出雲市駅前店

 まんまの名前じゃないですかぁ~(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

 IMG_0622_convert_20201124125749.jpg

 看板にもドデカいのどぐろの絵が描いてありますなぁ(゚Д゚;) 

 これでのどぐろが不味かったら詐欺ですよねぇ~(* ̄∀ ̄)

 すでに一通り飲み食いは済んでいたもので軽く仕上げましょうかね。

 二人で仲良く瓶ビールをシェアしながら軽くツマミを注文。

 のどぐろメニューが充実しておりますが比較的チープな居酒屋メニューも案外多い。

 イカ大根、牛スジ煮込み、しめ鯖などをチョイス。 

 IMG_0621_convert_20201124125735.jpg

 しめ鯖は浅く〆られた大きめのサバを厚めに切ったもので非常に美味しいです。

 さて、お目当てののどぐろはまず刺身ですよね。

 IMG_0618_convert_20201124125648.jpg

 軽く皮を炙ってあります。 何と言ってものどぐろは皮の脂が美味しいですからね。 さすがに美味しいです。

 こりゃどう考えても日本酒だなぁということで地元の酒、出雲富士。

 IMG_0616_convert_20201124125633.jpg

 のどぐろが最高に美味しく味わえるのは何といっても塩焼きですよね。本場でぜひ味わってみたいもの。
 
 塩焼きはサイズで値段が違うそうで6種類の中から選択できます。

サイズごとの値段は
  20cm  480円
  22cm  980円
  24cm 1280円
  28cm 2250円
  30cm 3950円
  32cm 4950円

と大きくなるにつれて加速度的に値段がアップしていきます。

 ただ漠然と何センチと言われてもイマイチピンと来ない。

 お店の人に皆さん何センチくらいのを注文するんですかと率直に聞くと
「22センチか24センチを頼まれる方が多いですよ」とのこと。

 では二人連れなのでワンサイズ大きい28センチを注文しました。

 しばし待って焼き上がったのどぐろは身がプリンプリンと弾けそうなほど新鮮で焼き上がり具合もいい感じです。

 IMG_0619_convert_20201124125704.jpg

 塩加減も丁度よく脂の乗り身のホクホク加減も最高です。 やはりのどぐろは塩焼きに限りますね。

 ただ二人でシェアする場合はもうワンサイズ大きくてもいいでしょうね。

 うん、やはりのどぐろは美味しいですね。

 続いて出雲の地酒は天隠。

 IMG_0620_convert_20201124125722.jpg

 島根は美味しい酒が多いですね。 鮮魚系もさすがの美味しさでしたよ♪(* ̄∀ ̄)

 二人合計で8200円くらいでした。 ごちそうさまでした!

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

出雲で五色割子蕎麦をいただきました♪(* ̄∀ ̄) 

 神在月に出雲に行ってまいりましたよ♪ 呉からだと車で3時間程度ですかね(* ̄∀ ̄) 

 例年だとこの時期は出雲大社詣の人でごった返すようですが今年は新型コロナの影響で出雲大社併設の大駐車場も空いていますね。

 集合場所がその駐車場だったので昼飯は出雲大社のすぐ傍にある八雲本店で出雲蕎麦を食べることにしました。

 IMG_0582_convert_20201117104055.jpg

 中々風情のある建物ですね。 こちらの店は繁忙期は行列ができる人気店なのでしょうがこの日はまだ11時台ということもありましたがほとんどお客さんはいませんでした。

 出雲蕎麦と言えば小さな漆塗りの器を重ねた割子蕎麦が有名。 三段と五段がありましたが物珍しさもあったので五段にしました。
 
 五段の中にも五段割子と五色割子があります。
 
 五段は普通に蕎麦が五枚重なったもので五色は五種類のトッピングが楽しめるということらしい。

 せっかくなので観光地出雲を応援すべく一番高い五色割子蕎麦にしました。 

 IMG_0575_convert_20201117104027.jpg

 1830円です。 ちなみに五段割子だと1400円です。

 五色割子は「たぬき、おろし、月見、鰹節、とろろ」の五種類です。

 並べてみると中々壮観ですね。

 IMG_0576_convert_20201117104040.jpg

 蕎麦が入っている器に汁を入れるのが出雲流。 ゆえに汁はたっぷりあります。

 色黒の蕎麦はしっかりした食感です。 汁も美味しいですが三段くらいが丁度いい量ですね。

 どれも美味しいですがシンプルな鰹節や月見がより美味しく感じました。

 この後、国譲り神話の舞台でもある稲佐の浜に行きました。

 IMG_0583_convert_20201117104112.jpg

 その後、出雲大社に正式参拝。

 IMG_0587_convert_20201117104134.jpg

 普通は入れない本殿も見学させていただきましたよ(* ̄∀ ̄) 

 IMG_0596_convert_20201117104553.jpg

 これは本殿の背後からのショット。

 IMG_0600_convert_20201117104218.jpg

 最後に出雲大社の近くにある万九千神社にも参拝。

 八百万の神々は出雲大社で会議を終えた後この神社に立ち寄り最後の宴(直会)をして全国に旅立つそうです。

 IMG_0604_convert_20201117104241.jpg

 ゆえに宴会の神様ということで最近は全国の飲食店の方々の参拝が増えているそうです。

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

こ、これは一体!(゚Д゚;)

 眺望抜群のカフェ!

 牡蠣祝いと書いて「カキワイ」と読むそうです。

 牡蠣屋さんが営んでいるそうですが牡蠣料理が提供されるわけではなくカフェであります。

 DSCN1346_convert_20201117092833.jpg

 坂の上にあるカフェは古民家を改造した雰囲気のあるものです。 最近は古民家カフェが多いですね。 呉には無いんですけどね(* ̄∀ ̄)グフ

 眺望は抜群で瀬戸の穏やかな海はもちろん、太閤秀吉が建造した千畳閣と室町時代に建築された重文の五重塔が目の前に広がります。
 
 以前はランチなどもあったようですが今は開店時間も13時とカフェ専業のようですね。 店員はオネーサンが一人であります。
 
 もっともコロナで観光客が激減した宮島なので今は変則的な営業スタイルかもしれません。

 門を潜って敷地内に入りカフェの扉を開くと解放感のあるかなり広いスペースです。 コーヒーカップや茶碗なども売っているようです。

 DSCN1349_convert_20201117092853.jpg

 大きなテーブル席もありますが景色が良く見える窓際のカウンター席に案内されました。

 こりゃ確かにいい眺めです!(゚∀゚;) 

 目の前の屋根は民家のようですがその向こうに五重塔と千畳閣が見えます。

 DSCN1352_convert_20201117092916.jpg

 この眺めだけでこのカフェが存在する意義がありますね。

 メニューは多いわけではありませんがチョコレートケーキのセットを注文。 ドリンクはアイスコーヒー。

 IMG_0518_convert_20201117092938.jpg

 アイスコーヒーはまぁ普通ですが・・

 しばし待って登場したチョコレートケーキを見て絶句! こ、これは:(;゙゚'ω゚'):

 形といい色といい正にアレに見えちゃうじゃないですかぁ~(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

 IMG_0521_convert_20201117092955.jpg

 う~む、狙ってやっているのか・・ ある意味斬新!(* ̄m ̄)プッ

 味のほうは・・・ 形に心を奪われてイマイチ思い出せませんがネットリとした感触でした( ̄▽ ̄;)

 その後二組くらいお客さんが入ってきましたが私以外は全て女の子( ̄▽ ̄;)

 景色もいいしまったり過ごせますし女子に人気があるのがよく分かりました。

 宮島はいつ来ても美しいですが・・・

 DSCN1340_convert_20201117092810.jpg

 今は大鳥居が修復中で見れないのが残念です!(;´Д`A
 
食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

言わずと知れた広島県最高峰の宿!石亭

 一生縁がないと諦めていた広島県最高峰の宿石庭に泊まれる日が訪れるとは!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 全てはGOTOトラベルのお陰ですぅ~~。゚(゚´Д`゚)゚。

 普通の年なら一年前でも週末は予約で埋まっている超人気の宿ですが今年はコロナの影響か3ヶ月前でも予約が出来てしまった僥倖!

 DSCN1278_convert_20201109102834.jpg

 石庭に3万円台で泊まれるなんて普通はあり得ないですよねぇ~(;゚∀゚;)

 ちなみに石亭はあなごめし うえの 宮島口本店のオーナーでもある上野さんが戦後開業した高級旅館。

 DSCN1272_convert_20201109103946.jpg
 
「旅館とは掃除に始まり掃除に終わる」という信念のもと、完璧な清掃と最高レベルの接客でもてなしてくれます。

 なだらかな傾斜のある庭園を囲むように離れ風の部屋が配置されており避暑地にある作家の隠れ宿風な雰囲気です。

 DSCN1336_convert_20201109102950.jpg

 宿泊した部屋(離れ)は1階に10畳の和室と書斎、広縁、そして寝室。二階は8畳の風呂サロンで檜のプライベート湯舟があります。 もちろん温泉なので別途大浴場もあります。

 DSCN1249_convert_20201109102915.jpg

 避暑地の別荘がモチーフなので宿の中には自由に利用できる図書室、床下のサロン、洞窟風の隠し部屋などがあり酒を飲みながらまったりと過ごせます。

 DSCN1252_convert_20201109103007.jpg

 DSCN1319_convert_20201109103156.jpg

 食事はうえのが経営しているだけあって土鍋で炊いた絶品のあなご飯もありますが瀬戸内の小魚や旬のものを使った料理が楽しめます。

 DSCN1290_convert_20201109103057.jpg

 この日のコースは
 食前酒 地酒ひやおろし

 IMG_0492_convert_20201109103651.jpg

 こんなバカな飲み方が出来るのも温泉宿ならではですよねぇ~

 先付  穴子三昧(穴子と雲丹の胡麻醤油和え、穴子二味焼き、穴子黒米揚げ)
 椀   松茸と鱧の土瓶蒸し

 IMG_0494_convert_20201109103216.jpg

 造里  旬のお造り日替わり盛り合わせ

 IMG_0495_convert_20201109103229.jpg

 箸休  満月団子

 IMG_0496_convert_20201109103801.jpg

 八寸  秋鯖バッテラ、菊と蟹の浸し、落鮎有馬煮、人参ムース紅葉見立、安納芋ムース公孫樹見立
    煮穴子と煮鶉玉豊年俵見立、海老芋みたらし団子見立、零余子真薯稲見立、南京冷製、
    秋山ブルスケッタ、酢橘釜・筋子、枯れ鬼灯風干し

 IMG_0499_convert_20201109103240.jpg

 〆肴  秋刀魚蕎麦
 食事  穴子釜炊きご飯、止椀、香物

 IMG_0501_convert_20201109103256.jpg

 甘味  栗カステラ

 刺身の熟成加減も絶妙ですがやはり釜で炊いた穴子ご飯が美味しいですね。 3杯お代わりしました。

 石亭というだけあって石を巧妙に配置した庭が自慢ですが庭そのものはそれほど大きなものではありません。

 雰囲気のある宿と心のこもった接客と料理を楽しむ宿ですね。

 DSCN1264_convert_20201109103126.jpg

 朝食も良かったですよ。

 DSCN1331_convert_20201109103728.jpg

 いやぁ~立飲みもいいですがたまにはこんな贅沢もいいですよねぇ~♪

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

やはり美味しい! あなごめし!(゚∀゚;)

 「あなごめし うえの」 デパ地下で弁当を買うことは有っても本店に来ることは滅多にありません。
それはあり得ないくらいいつも混んでいるから(;´Д`A

 しかしコロナ禍の今ならそれほど混むことはあるまいと30年ぶりに覗いてみました。

 IMG_0474_convert_20201106092004.jpg
 
 んがっ! 開店の11時10分前に到着したにもかかわらず既に10人待ち状態!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

 うえの恐るべし! 本物の人気店にはコロナは関係ないということか! もっともこれでも通常に比べれば大幅減なんでしょうね( ̄▽ ̄;)
 ちなみにうえの以外の廻りの店はどこも閑古鳥でしたけどね( ̄▽ ̄;)

 注文したのは白焼きとあなごめし。 白焼きは1300円。

 あなごめしは(小)1950円、(上)2250円、(特上)2750円の3種類。

 IMG_0486_convert_20201106092106.jpg

 あなごも最近値上がりしておりますが概ねうなぎの半額くらいの相場ですね。
 
 ちなみに価格差は単純にあなごの量の差です。 白焼きも食べるので本日は(上)にしました。

 まず白焼き、あなごの味が濃厚。 パサつきもなく香ばしくて美味しいです。 ワサビが合うね。

 IMG_0481_convert_20201106092017.jpg

 車なのでビールが飲めないのが残念。

 あなごめしは上でも十分な量です。 扇形に敷き詰められたあなごが美しい。 見た目もゴージャスですね。

 IMG_0483_convert_20201106092030.jpg

 やはり弁当とは違います。 たっぷりと添えられたショウガとのコントラストがいいですね。

 飯は出汁で炊き上げられ薄く味が付いています。 タレの味が滲み込んだあなごと一緒に食べると丁度いい。 あなごの風味がしっかりと味わえます。
 
 IMG_0485_convert_20201106092048.jpg

 ウナギのような脂はありませんしジューシーさでもウナギが上ですが何故か鰻重以上に美味しく感じる稀有なあなごめしなんですよね。 漬物の量が多いのも何気に嬉しい。

 超久しぶりに来ましたがやはり店で食べたほうが断然美味しいですね。 並ぶ価値は確かにありますよ(*´∀`)♪

食べログ グルメブログランキング
広島ブログ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

いが餅

Author:いが餅
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

酒場 (780)
北海道 (2)
東京都 (75)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
滋賀県 (10)
京都府 (28)
大阪府 (176)
兵庫県 (13)
岡山県 (1)
広島県広島市 (127)
広島県呉市 (227)
広島県東広島市 (2)
広島県尾道市 (2)
広島県福山市 (5)
広島県廿日市市 (3)
島根県 (7)
山口県 (3)
福岡県福岡市 (15)
福岡県北九州市 (50)
熊本県 (2)
鹿児島県 (11)
家飲み (155)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (7)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (13)
未分類 (0)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR