2017-10

自宅にて手取川特別純米を

  1月19日土曜日の話

手取川といえば戦国時代に争われた織田軍対上杉軍の手取川も戦を思い浮かべてしまいますが、

 こちらは日本酒の手取川特別純米。

 手取川

 口に含めば吟醸酒を彷彿させる香りが広がる。

やや甘いかな、というのが冷酒で飲んだ時の第一印象。

酒の肴に合ってこその酒。 さてどんなものか 燗にしてみたが、存外いけた。

 ハタハタの一夜干しなんぞをぶつけてみたが、

 はたはた

手づかみでムシャムシャかじりながら、指に付いた塩気や脂を舐めながらの一献もまんざらではない。

いやむしろこのような飲み方こそ日本酒の真骨頂だ。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/109-093c0409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心斎橋あじ菜にて醸し人九平次を飲む «  | BLOG TOP |  » 大阪ミナミ「豚足のかどや」にて

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (347)
北海道 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (69)
広島県呉市 (110)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (21)
熊本県 (2)
家飲み (134)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR