2017-10

桐の木にて貴特別純米を飲む

 3月14日水曜日の話

 今月三度目の桐の木。
本日は貴の特別純米直汲み無濾過生原酒。 冷と熱燗で一杯づつ。
 最近高名な貴。よく見かけるようになった。

冷でまず一杯。
非常に生命力を感じる酒。 口の中で酒が細胞分裂しているかのような活きの良さを感じる。 純米酒のよさも出ている。

貴

 この酒を熱燗とは愚か者と言われるかもしれないが、
熱燗放浪記としては このまま通り過ぎるわけには参らぬ。

 上燗あたりでやる。
悪くない。多少風味は変わるが、貴の良さも残っている。
味わいはより複雑で表現しがたいものもあるが、熱燗ならではの牧歌的な味わいも加味される。

肴は〆鯖と〆コノシロのハーフandハーフ。
繊細な盛り付けとは言えないが、家庭料理的でこれはこれで良し。 でしょう。

〆鯖and〆コノシロ

おでん

カウンターの一升瓶
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/12-74af52ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

磯亭にて賀茂泉朱泉普通酒を飲む «  | BLOG TOP |  » 自宅にて亀齢純米を飲む

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (347)
北海道 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (69)
広島県呉市 (110)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (21)
熊本県 (2)
家飲み (134)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR