2017-05

丑寅にて鷹長を飲む

 7月14日日曜日の話

 ホテルにチェックインして、少し休憩した後、18時を廻った頃、再びナンバに出没であります。
道頓堀北側のホテルから徒歩で難波駅方面に向かいます。

 日曜日ということもあってか、土砂降りにも拘らず、凄い人出ですね。

さて、目当ては丑寅という立ち飲みであります。 南海難波駅のすぐそばですが、狭い路地裏には立ち飲み屋やバルが軒を連ね、中々雰囲気のある一帯です。

 丑寅1

 近辺には味のある飲み屋が多く、仮に満席なら他所に廻るつもりでしたが、タイミングよく会計が終わったばかりの客と入れ違いに入ることが出来ました。

 ビニールシート越しにもお客さんの楽しそうな談笑が聞こえてきます。

 丑寅2

 シートをめくって中に入ると、おっ なかなか良さそうな酒場ですぞ。
私の索酒場センサーがビンビン反応しております。

 お一人様でしたので、カウンターの一角に滑り込みます。
ギュウギュウ詰めというわけではなく、隣の人と肩が触れ合うほどではありません。

 壁に貼られてあるメニューを見ますと、ほとんど350円均一ですね。 2,3品250円のものもあります。 飲み物もほぼ350円ですが、日本酒はモノによっては400円以上のものもあったかもしれません。

  まず生ビール。 当然ですな、これは。 料理の一品目は土手焼。 土手煮とか味噌煮と言ったほうが自然だと思うのですが、大阪では何故か土手焼と言いますね。

注文すると小鍋に入れて電子レンジで温め直して出されます。

 土手焼

 この土手焼は絶品ですな。 このスジの量。 味噌の甘み、全体の濃厚さ。 こんな酒場には、こういうコッテリした土手焼が合います。 最近食べた土手焼では一番美味しかった。

 生ビールの後に、グレープフルーツの酎ハイを注文。 これがウマかった。

 チューハイ(グレープフルーツ)

 暑い一日だったので、炭酸系は美味しく感じるものだが、それにしてもこの酎ハイはウマい。
グレープフルーツというのが合うね。 あまりに清涼感があるので2杯続けていってしまった。

 二杯目に一杯目のグレープフルーツの果肉が継承されるのがイイね。 最近、気を利かせてグラスを新しいのと取り換える店が増えてきましたが、立ち飲み屋はこういう昔ながらの飲み方の方のほうがいいなあ。

 土手焼の後に、カニみそバターバケットを注文。

 かに味噌バターバケット

 これ又グレープフルーツの酎ハイと合うんですなあ(しみじみ)

 ラストに日本酒(鷹長)とツブ貝の醤油煮を注文。 

 鷹長

 鷹長は奈良の酒だそうな。
竹串でツブ貝をほじくり出しながら、チビチビやります。

 ツブ貝の醤油煮
 
 合計で2800円か2900円だったかな。
料理は二人いる男性が作って、酒の采配は女の子が仕切っていた。
 この娘がテキパキしていて見ていて気持ちがいい。

 酒、料理、雰囲気、接客、価格とバランスの取れた佳店で、非常に気に入りました。
ぜひとも再訪したい店リストに追加したのは言うまでもありません。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/167-64da54f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

櫛羅にて櫛羅を飲む «  | BLOG TOP |  » 大阪「かどや」にて楽しい時間を過ごす

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (324)
北海道 (2)
東京都 (37)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (65)
広島県呉市 (109)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (16)
家飲み (132)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR