2017-10

でべら飯を作る

 2月9日日曜日の話

 「でべら」とも言うし「でびら」とも言う。

どちらでもいいらしいのですが、瀬戸内で捕れる小型のカレイの一種です。

この時期に海辺で大量に干してある光景は瀬戸内の風物詩の一つでもあります。

小さすぎるので刺身などで食べるのは無理なので昔から干物にします。

 並べたでべら

ストーブなどで炙ってかじる人が多いのですが、

我が家ではご飯に混ぜて食べます。 去年もブログで触れましたが、

子供らが楽しみにしているので年に一度は作ります。

スーパーなどで買ってきた「でべら」をもう一度ベランダで干します。

 でべら干し

 こうすると旨みが凝縮されます。

 でべら

まず頭、尾、ヒレなどをハサミで切り落とします。

その後木槌などで叩いて身離れを良くし、オーブントースターで炙ります。

熱々の身をほぐして浸けダレ(醤油、白出汁、味醂を混ぜたもの)に浸します。

タレがたっぷり浸み込んで身が柔らかくなってきたら、

それを炊きたてのご飯に混ぜて10分程蒸らしたら出来上がり。

 炊き立てのデベラ飯

 これがウマいんだよねえ。

でべらの出汁と特製の醤油ダレがご飯にからんで、もうたまりません(^^;)

妻の作ってくれた味噌汁と一緒にいただきます。

 漁師飯ですね

 子供らがお代わりするので私は一膳しか食べれなかった。

でも苦労して作ったものをお代わりしてくれるのは嬉しいね。

 デベラの頭

 でべらの頭は炙って熱燗に投入される運命です。

ヒレ酒にも劣らない「でべら酒」が誕生します(笑)


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なーるほど。
でべら酒のほうを先に読んじゃいました。

瀬戸内のお魚、イイナァi-237

Re: タイトルなし

> なーるほど。
> でべら酒のほうを先に読んじゃいました。
>
> 瀬戸内のお魚、イイナァi-237



 遡ってご覧いただき恐悦至極でございまする。

実家が漁師相手の商売をしておりましたので、

こんな食べ物には詳しいんです(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/221-c4adc3e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

直ちゃんにて亀齢を飲む «  | BLOG TOP |  » いぶしぎんにて扶桑鶴を飲む

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (347)
北海道 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (69)
広島県呉市 (110)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (21)
熊本県 (2)
家飲み (134)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR