2017-05

自宅にて醸し人九平次を飲む

  5月23日土曜日の話

 広島市内に「酒商山田」という品揃えが豊富で人気の酒屋がある。
妻の買い物に付き合った帰りに寄っては4合瓶を1本買って帰ることが多い。

 玉櫻、貴、焼酎の萬膳など呉では中々手に入らない銘柄のものが普通に置いてあるのが嬉しい。
この日も何気なく覗いたら醸し人九平次の純米大吟醸がある。

 通常買うのは純米酒か特別純米酒ですが、超人気銘柄の純米大吟醸が4合瓶で2000円未満というのは実に魅力的ではありませんか。

 (お一人様1本まででお願いします)という貼紙も妙に購買者心理を刺激してくるではないか!

 EAU DU DESIR(希望の水)と書かれたラベルも日本酒というよりもまるでボジョレヌーボーのようではある。

 醸し人九平次

 さあ頂いてみましょうかね。

 ドギツイ吟醸香はなく上品な酒の薫りは好印象。
口に含むと甘みと同時にほのかな発泡感が広がる。

 日頃からこういう酒を飲んでいれば日本酒が不味いなどという人はいないんでしょうね。
他の吟醸酒とは違う個性を感じるのも事実。

 日本酒というよりも甘口の白ワインを飲んでいる感もある。

 茎ブロッコリーという食べ物が人気なんだとさ。

 茎ブロッコリー

 湯通しすると緑が鮮やかになるね。

 マヨネーズをつけて食べると美味しいですね。

 メバルの煮付。

 めばる

 こりゃまあ日本酒の肴の定番ですね。


お酒・ドリンク ブログランキングへ
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/251-6db5801b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自宅にて醸し人九平次を飲むⅡ «  | BLOG TOP |  » 河内カルメンにてワンカップを飲む

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (324)
北海道 (2)
東京都 (37)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (65)
広島県呉市 (109)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (16)
家飲み (132)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR