2017-10

沼津の老舗鰻屋「富久家」

    8月20日水曜日の話

 静岡県御殿場市で毎年挙行される防衛庁の総合火力演習というのを御存知であろうか。

 戦車37台を含む総車両600台以上が参加する自衛隊最大の実弾演習である。

  10式戦車

 チケットの競争率が20~30倍とも言われる知る人ぞ知る超人気イベントなのだが、この超プラチナチケットをとある方から譲り受けた私。

 2枚もらったので息子に「行く?」と聞くと「いくいく~♪」との回答だったので「じゃあ行くかぁ~」と静岡県にGOGO~~♪
 午前10時スタートなのだが当然のことながら壮絶な場所取り競争が展開されるわけで(当たり前のことだが前の方が人気がある)、そこそこいい席で見ようとすれば2時間前くらい前に入場する必要がある。

 火力総合

 最前列ともなると4時間前に乗り込まなくてはならないらしい。 ので・・・、

 御殿場にほど近い沼津に前泊することになったのである。 色々と魅力的な店の多い沼津なのですが・・・
静岡県といえばやはり鰻が有名である。 
 
 しかし食べログで調べてもあまり高い点数の店がない。 だが隣接した三島の高名に隠れているだけで実はかなりレベルが高いという噂も聞いたことがある。

 いくつか調べてみると冨久屋という店が良さそうだ。 

 電話で予約して沼津駅の南にある店に徒歩で向かう。 繁華街を通りぬけ狩野川に架かる御成橋という大きな橋を渡ると橋の袂に冨久屋があった。

 冨久家

 静岡県に多い歴史はあるが小じんまりした家族経営の鰻屋という雰囲気だ。 何となく良さそうですぞ。
ガラガラと引き戸を開けて店内に入る。

 ムムム・・・、これは何ともいい感じのオーラが出ておりますぞ。 適度な枯れ具合が涙腺をツンツンと刺激してきますな。

 店内

 毎日ピカピカに磨かれながら老朽化していった絵に描いたような市井の老舗臭が店内にこれでもかと漂っておりますぞ。
このような店で出される鰻が不味かろうはずがありません。

 席に着くと感じの良いおばさんが注文を聞きに来る。
メニューに書かれてある主だったものは

うな重  並 2900円
      上 4300円
     特上 5500円

しら重  並 3100円
      上 4500円
しら焼  並 3000円

きも串 一本 430円

ビール(中瓶) 550円  など

価格は全て消費税込みの表示のみ。 潔し。 名店はこうでなくてはいけません。

 鰻重は他の方のレビューの写真を見ると(上)が爆発的に美味しそうだったのですが、ボリュームがハンパないので(並)に。 この後も何軒か廻りたい身としては(苦笑)

 その他、しら焼(並)一人前ときも串を一本。 私だけビール(息子は未成年ですので)

 ビールとお通し

 まず綺麗な小型の重箱に入った「きも串」から出てきます。 上手に並べられてありますが串に刺さっている訳ではありません。 二人以上でツマミ易いですね。 7匹分です。

 キモ
 
 プリプリで心地よい弾力。 ほのかな苦みと甘過ぎないタレのコンビネーションは秀逸。 美味しいですね。
しら焼きは肉厚ホッコリで超ウマい! 過去最高レベルの美味しさです。

 白焼き

 息子が目を白黒させながら食べておりました。 日頃あまりイイものを食べさせておりませんので(涙)

 鰻重は(並)ながら他店の(上)なみの風格。
関東風のふっくらジューシーな鰻と秘伝のタレが最高に美味しい。 

 鰻重

 甘みはあるのですが甘過ぎない塩梅が絶妙。 ご飯も美味しい。 タレの滲み込み具合も多過ぎず少な過ぎず完璧。 間違いなく過去最高レベルの美味しさ。

 肝吸い

 店は相当歴史があるみたいで司馬遼太郎夫妻が訪れた際の写真なども飾ってある。
これほどの名店がほとんど無名というのも人を押しのけて前へ出ようとしない静岡県気質のなせる技なのか。
 
 接客も控えめながら心のこもったもので大いに満足して店を後にしたのでありました。
今日は一軒目から幸先がいいぞ。 沼津恐るべし。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/273-128393c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/10 08:56)

御殿場市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

梅邑バー «  | BLOG TOP |  » 彩華にて千福を飲む

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (347)
北海道 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (69)
広島県呉市 (110)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (21)
熊本県 (2)
家飲み (134)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR