2017-08

源蔵

    10月9日 木曜日の話

 源蔵は広島市内中心に何か所もあるが、この広島そごう7階の店が一番味があっていいなあ。

 源蔵水槽

 20数年ぶりに寄ってみました。
当時同じ職場にいた年上の女性と一緒に来たのが最後だったなぁ・・・

8時を過ぎたら刺身が全品200円になるとかでサラリーマンでごった返していたなあ・・・(遠い眼差し・・・)

 源蔵ショーケース

 さて、夕方の早い時間帯に来た。 まだ客の入りも半分程度で料理もたっぷりある。
ビールの値段は普通なのに日本酒は妙に安い昭和型の値付けだ。

 大瓶620円。 中瓶520円。 チューハイ350円。
冷酒は180mlで470円と良心的。

 店内

 さて源蔵名物と言えばコレ!  その名も「魚の皮」350円。
鯛などの刺身に使った魚の皮を再利用したのは一目瞭然であるが(笑)

 魚の皮

 軽く湯通しした後冷してポン酢に浸けたもの。
コレがイケるんですよねえ。  これほど熱燗に合う肴も滅多にありませんよ。

 小イワシの刺身(420円)は広島の酒場では不可欠の一品。

 小いわし刺し

これも丁寧に処理してありますね。 小イワシ刺は生姜醤油で食べると美味しいですね。

 大瓶と合わせて1390円でした。 

 ビール

 軽く飲んだだけでしたが[b:色んな意味で]懐かしかった(苦笑)

 店名は忠臣蔵「徳利の別れ」の名シーンで知られる赤植源蔵にちなんだもの。

 赤穂浪士

 日頃は酒ばかり飲んでフラフラしていても心中に龍あり。 
いざとなったら[b:やることはやる]源蔵にあやかったのだという。

 いい名前だよね。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/297-9a2c99c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

寅造にて福娘を飲む «  | BLOG TOP |  » 彩華にて喜久酔を飲む

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (333)
北海道 (2)
東京都 (42)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (65)
広島県呉市 (109)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (18)
熊本県 (2)
家飲み (133)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR