2017-09

桐の木にて神亀と而今を飲む

  5月9日水曜日の話

 久々の桐の木。といってもⅠか月ぶりぐらいですか。
本日2軒目。軽く2杯くらい飲もうと暖簾をくぐりました。

 一杯目は以前飲んでおいしかった神亀の純米を冷酒で。
初めて飲んだ時は漠然とおいしいと思っただけでしたが、今日改めて飲んでみると結構個性的な味ですね。
 
 神亀

 最近広島の酒を飲むことが多かった。
広島の酒は豊潤旨口、母なる大地を感じさせる穏やかな味のものが多かったせいか、その違いが際立っているように思えた。
 神亀は男性的というのか、腹中にズンッ、ズンッと入り込んでくる凄みがある。
旨みや甘み酸味とも違う、何と表現したらいいのだろう。他にあまりない芯の部分に独特の風味を感じる。
 
 広島酒は優しくおおらかで純米酒らしいおいしい酒が多いが、一つ贅沢な要望を言わせてもらうとするならば、似たような味が多い。
 その点神亀はエッジが利いているというのか坂東武者を彷彿させるような硬派な雰囲気がありますね。
 それにしても、下の皿からもこぼれるほどの超満タン。

 満タン

 さて而今。最近評判の酒ですが今宵初めて口にしました。
お店のおばちゃんが「これはフルーティーでおいしいよ。」と言いながら注いでくれる。

 而今

 成る程 言わんとすることは解る。口に含んだ瞬間に吟醸酒のような風味が広がる。
特別純米ならではだが、僕は個人的に大吟醸のような過度のフルーツ香はあまり好きではない。この酒は十分許容範囲です。甘み、酸味、うま味のバランスはさすが人気銘柄だけのことはある。
 感想としてこの2銘柄だけを比較したなら、華やかさで而今。個性的という面で神亀が上といったところでしょうか。
 双方名酒の名に恥じぬ味わいでした。

 お通しはポテサラと筑前煮かな。

 お通し
 
おでんもいただきました。 いりこのだしが利いておいしかった。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

コメント頂いてから
来るのが遅くなってしまってi-240

私・・
日本酒飲めないので
羨ましいですっ!!i-189

↑お刺身とか魚で日本酒に
めっちゃ憧れてますっ!!(笑)i-233

お通し・・
めっちゃ豪華ですねーーっ!!i-184

それだけでつまみに十分ですねっ!!i-234
料理たのまなくても・・・(笑)
↑お通しだけで飲むなんて
迷惑だろっ!!

神亀と而今とは、なんて贅沢w

基本神亀の純米は最低2年以上寝かせているので
その辺の純米とは違いますよね!

ぜひ、神亀の「小鳥のさえずり」も機会があったら呑んでみて下さい。

Re: タイトルなし

> コメント頂いてから
> 来るのが遅くなってしまってi-240
>
> 私・・
> 日本酒飲めないので
> 羨ましいですっ!!i-189
>
> ↑お刺身とか魚で日本酒に
> めっちゃ憧れてますっ!!(笑)i-233
>
> お通し・・
> めっちゃ豪華ですねーーっ!!i-184
>
> それだけでつまみに十分ですねっ!!i-234
> 料理たのまなくても・・・(笑)
> ↑お通しだけで飲むなんて
> 迷惑だろっ!!


ななきち さま

はじめまして。
返信は気になさらなくてもいいですよ。
ほったらかしでもOKです(笑)

ブログのタイトルからして呑兵衛さんかと思っていました。
日本酒は まあ慣れだと思うんですが、
優しめの純米酒あたりからスタートすると すんなり入れるかも。

45度くらいのぬるめの熱燗で
おでんの玉子とか たっぷり味の浸み込んだダイコンとか
これまた味の浸み込んだ鳥のつくねとかイワシのつみれとか(笑)

おいしいですよ。

Re: タイトルなし

> 神亀と而今とは、なんて贅沢w
>
> 基本神亀の純米は最低2年以上寝かせているので
> その辺の純米とは違いますよね!
>
> ぜひ、神亀の「小鳥のさえずり」も機会があったら呑んでみて下さい。


若旦那さま

はじめまして。
「小鳥のさえずり」ですか。
なんだか乙女チックな名前ですね。
クジラのさえずりなら食べたことがあるのですが(笑)

神亀はこの齢になって初めて飲みました。
予備知識はなかったのですが、
飲むと他の酒と違う何かを感じました。

酒呑親爺と申します。
而今デビュー、おめでとうございました。
同好の志として、お喜び(お待ち)申し上げます。(笑

Re: タイトルなし

> 酒呑親爺と申します。
> 而今デビュー、おめでとうございました。
> 同好の志として、お喜び(お待ち)申し上げます。(笑



酒呑親爺さま

コメントありがとうございます。
而今が好きなのですね。
私も早くマイフェバリト銘柄を見つけたいです(笑)
熱燗に合う素朴な純米酒が好きです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/31-4f438394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自宅にて華鳩純米生酛を飲む «  | BLOG TOP |  » 第二三とりにて賀茂泉を飲む

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (342)
北海道 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (1)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (69)
広島県呉市 (109)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (21)
熊本県 (2)
家飲み (134)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR