2017-10

つつじの花見にて純米大吟醸幻を飲む

  5月27日日曜日の話

 実家の庭のつつじが満開になるこの時期、桜ならぬつつじの花を愛でながらの花見とシャレこむのが、ここ数年来の我が家の風習になりつつあります。

 というわけで、母親や妻などが、肉を焼いたり、煮物を炊いたり、握り飯を作ったりと、小一時間ほど格闘の末、ちょっとした花見の料理をつくってくれました。

 花がよく見える縁側へ、折り畳み式のテーブルを出し、午後4時くらいから小宴のスタート。

 縁側のテーブル

 花は満開2日前といった感じですが、じいちゃんから孫まで勢揃いするのは日曜日しかないので仕方がありません。

 つつじ

 まずは缶ビールで乾杯し、各々料理に手を伸ばし、舌鼓を打つ。

一の皿は、ステーキ、ソーセージ、アスパラなどを炒めたもの。

 肉の皿

二の皿は、地鶏の照焼きと枝豆。

 地鶏の皿

三の皿は、筍、れんこん、こんにゃくなどを炊いたもの。

 筍の皿

四の皿は、出汁巻玉子。

 だしまきの皿

五の皿は、おにぎり。

 おにぎりの皿

こうやって見れば、結構豪勢じゃありませんか。 女性陣ごくろう様でした。

酒は実家にあったもらい物の純米大吟醸、その名も幻(中尾醸造)

 幻

純米大吟醸の一升瓶なんて自分では中々買えません。 ありがたく頂戴します(笑)

今正に咲き誇らんとするつつじを愛でながら、杯に満々と注がれた幻を飲み干す。

名酒を味わうには最高のシチュエーションではありませんか。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

幻、うまいっすね

ちわっす。熱燗放浪紀とは、いいタイトルですね。僕もこの間、幻、飲みました。思ってたより、めっさ旨かったです。っつうか、広島、うまい酒多いですね!

Re: 幻、うまいっすね

> ちわっす。熱燗放浪紀とは、いいタイトルですね。僕もこの間、幻、飲みました。思ってたより、めっさ旨かったです。っつうか、広島、うまい酒多いですね!


いもてん様

コメントありがとうございます。
広島は口当たりの柔らかいお酒が多い気がします。
やはり気候が温暖だと酒も穏やかなものになるのでしょうね。
今後ともよろしくお願いします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/34-3b4d32ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自宅にて純米大吟醸幻を飲む «  | BLOG TOP |  » 迷亭にて一ノ蔵特別純米を飲む

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (347)
北海道 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (69)
広島県呉市 (110)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (21)
熊本県 (2)
家飲み (134)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR