2017-08

ミナミのまりもちゃん(笑)

 1月14日水曜日の話

 大阪ナンバ。 丑寅も牡丹も超満員で入れなかった。
強引に割り込めば一人ものの気安さ、入れたかもしれないが、そこまではしなかった。

 新しい店に行ってみたくなったのである。 
食べログがない頃はいつもそうしていたんだけどね。

 久々に闘志に火が付いた。
フラフラ歩いていると何とも風情があるというのか味のある横丁がある。

 ええ感じの路地

 面白い看板があるね。「文字書きます」だって(笑)

 文字書きますだって

その先にイイ感じの暖簾が下がっている。 沖縄料理の店というのか小料理屋みたいだ。

「まりもちゃん」という名前も可愛らしい。 暖簾も可愛い。
清楚な美人女将が美味しい手料理を作って待っていてくれる予感♪( ̄ー ̄)ニヤリ

 まりもちゃん

 しかし・・・

 戸を開けて・・・ くっ 開かん(汗)

中からお客さんが手伝ってくれた。 強引に開けたら壊れそうだった(汗)

 店内はカウンターだけの極狭居酒屋。 先客は訳が有りそうなオバサマが二人。 
 一人は金髪(汗)
(こりゃ絡まれるな)(; ̄皿 ̄) 長年の勘がそう知らせる。

 カウンターの内側にいる女性が店主か? 確かに腹はまりもちゃんだが(汗)
これが年齢不詳というのか・・沖縄というよりはフィリピンの肝っ玉母さんという感じで・・

 外した感が口から飛び出そうだったが、ここまで外すと却って怖いもの見たさというのか
引き返せない心境になるのが酒場マニアの不思議なところだ(苦笑) まぁこれも縁だ。 一杯だけ飲んでいこう。

 金髪の横に座る(汗) 「残波ロックで」とまず酒を注文。
隣の二人組、コチラと話したい感メラメラで(汗) (; ̄皿 ̄)ヒィ~

 な、何か注文せんとな・・  う~ カタカナで書かれた沖縄語はよ~分からん(汗)
目の前にラップで包まれた調理済みの料理があったので、とりあえず「これちょーだい!」と。

 取り分けてくれるのかと思いきや皿ごと温め始めた。 結構量が多そうだ(汗)
「フーイリチャー」という料理だそうだ。 スパムと大きな麩を炒めた料理だそうだ。

 フーイリチャー

 塩気が効いて存外ウマい。 残波にもよく合う。

 隣の金髪のオバサマにも徐々に慣れてきて会話になり始めた途端、
ガヤガヤと数人の客が入ってきた。

何や~ 戸が開かへんで~」 異様にデカい声でOL風の女三人組が入って来た。 いや乱入してきたというべきか。

 これが最初からいる訳あり風のオバサンを遥かに上廻る大音響でアホみたいによ~しゃべる(汗)
私は比較的ストレス耐性の強い人間だが、こりゃタマラン(滝汗)

 更に数分後、如何にも大阪の変態オヤジ風の二人組が入ってきて店内はもはや収集のつかぬ大混乱に!(゚Д゚;)
とにかく女将に何か注文する暇もないくらい女将も客も喋りっぱなしで、店内には0.1秒の静寂も無い。

客の女A 「何で沖縄料理なのに「まりもちゃん」なん? 北海道やろ ギャハハハハ
女将 「3000円で潰れた店から看板買うたんよ! 自分で作ったら36000円やて! 高過ぎるわぁ! キャハハハハ
客の女B 「私ネバーネンディングストーリーに出てくる龍みたいなヤツに顔が似てるって言われるんよ~!
客の男C 「そう言えば、この前食い逃げ見たわぁ!
客の女A 「私(元)阪神の赤星に似てるでしょ~!
客の男D 「オ、オンナやったんか(驚)
と全員喚き散らしてもう訳が分からん(汗)

 ギュウギュウ詰め状態で大騒ぎ(私以外)
それにしても・・・
 大阪の酔っ払いは何で面白くもクソもない話をデカイ声で喚き散らすのかね?
まったくついて行けないので一人だけ浮いてしまう(苦笑)

 しかも酔っぱらっているくせに人が笑っているのかどうか一々チラ見して確認しよる。(; ̄皿 ̄)チッ
この際はっきり言ってやるぞ~ 「コッチはちっとも面白くないんじゃ~!」(`皿´;)ノ

 このように八甲田山雪中行軍隊の指揮官神田大尉並みの困難に見舞われながらも私の心の中には「沖縄料理の店に入ったからには沖縄そばを食べなくてはならない。」という使命感が沸々と湧きあがってくるのである。

 上記のような混乱を極める店内で女将に注文を伝えるのは極めて困難であったが、何とか注文が通った。(; ̄皿 ̄)ヤレヤレ

冷凍庫に入っていた袋麺とソーキを電子レンジで解凍し始める。
麺は湯掻かずにそのまま電子レンジで温める(汗)

そのまま麺とソーキを丼に移し、いつの間にか温めていた汁をかけて完成。
 私にも作れそうですな(汗)

 沖縄そば

 しかし・・・
これが妙にウマイんですな(苦笑)
 
雰囲気はともかく食べ物はそれなりに美味しかったですな。
合計1700円。

いやぁ疲れた・・・_| ̄|○  ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

● COMMENT ●

なかなかおもろい時間を過ごされたみたいで・・・(* ̄m ̄)プッ

正宗屋さんでも隣に座った韓国?のおっちゃんが
どでかい声で喋ってましたよね~
ほうすけさんはそういう星のもとで生まれたんでしょうね(-m-)ぷぷっ

でも料理は美味しかったみたいで良かったです

今思い出したら多少笑えるんですがね(苦笑)
ホンマうるさくて気が狂いそうでした(笑)
めーめーさんが隣なら大歓迎だったんですけどね♪
男みたいな女だったので(涙)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/342-eec2ad89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

哲の土手焼きは最高! «  | BLOG TOP |  » モツ焼きの名店「宇ち多」で梅割りを飲む。

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (333)
北海道 (2)
東京都 (42)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (65)
広島県呉市 (109)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (18)
熊本県 (2)
家飲み (133)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR