2017-06

生ニンニクたっぷりのソースで食べるフライ。

   9月9日水曜日の話

 関東から東北地方を歴史的豪雨が襲ったまさにその当日、私は横浜の桜木町駅に降り立った。

 (´・ω・`)エライコッチャ

当初は土砂降りだったが野毛に足を踏み入れた途端に雨脚が弱まってきた。

 目当ては野毛のFFこと福田フライだ。

 野毛の街並み

 それにしても野毛とは呑兵衛の涙腺を刺激してくる素敵な街並みではないか(゚∀゚;)
聞いたことがあるような有名店が次から次へと現れてくる。

 そんな飲み屋街に福田フライはあった。
もっとも福田フライなどというのは常連が勝手に付けた俗称みたいなもので、店先には「立呑み処 フライ」と書かれてあるだけだ(* ̄∀ ̄)

 福田フライ

 福田フライは野毛の中でも指折りの人気店らしいが、天気が悪いせいか四分の一くらいの客の入りである。
時刻は5時ちょっと過ぎくらいか。 壁側のカウンターに席を定め大瓶のビールを注文する。

 大瓶

 店主らしき方が「何にしますか?」と聞いてきたので、
「たまご、あさり、レバー、あじ」の4種類のフライを注文した。

「普通のソースにしますか、それとも辛い方のソースにしますか?」と店主が聞いてくる。

 おっ 賛否両論ある辛口ソースってやつがこれだな。
ここは超個性的との評判の辛口ソースでいくしかあるまい( ̄ー ̄)ニヤリ

 ほどなくして揚げたてのフライが4本まとめてお皿に乗っかって登場。
既にソースがたっぷり絡めてある。

 フライ

 目の前に来た途端、ツ~ンと独特の辛味の刺激臭が鼻を刺す。
こりゃかなりインパクトのあるソースだ。 ニンニクの匂いがハンパない (゚Д゚;)

 見た目も凄い。 皿に垂れたソースに摩り下ろされたニンニクが大根おろしのように見え隠れする。

 こりゃ人と会う前には食えんわい!(; ̄皿 ̄)
何かに憑りつかれたようなと言うべきかね (((( ;゚Д゚)))

  唐辛子もたっぷりだが、やはり生ニンニクの味が凄い。
旨みがあるソースではないが他に類を見ない個性的なソースだ。

 揚げたてのフライに生ニンニクたっぷりの唐辛子ソース。 こりゃビール泥棒だね (* ̄∀ ̄)
フライは一本150円。 たまごはウズラ、あじは文字通りアジフライだ。

 レバーは普通だが、面白いのはアサリのフライ。 外からは原型をまったく彷彿することは出来ず、
固めの衣で一枚の板のように包まれて揚げてある。

 普通に考えればイマイチなんだが、このアホみたいなソースが衣に絡む絡む(苦笑)
店舗はまったく飾りっ気のないただの部屋という感じで、ひたすらオッサン達が辛いフライを黙々と食べる ( ̄∇ ̄;)

 店頭

 いいですねぇ~ この無意味な連帯感(苦笑)
学校の帰りに寄っちゃいけないところに寄って買い食いしているような妙にコソコソした感じがたまらん ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

 大瓶のビールが600円だったので、合計1200円。

 こりゃ仕事帰りにフラッと寄るにはエエ酒場ですね。

 ニンニクたっぷりだが今日はホテルなので大丈夫だぁ~(*´∀`)♪~
スポンサーサイト

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ながせ様
いいですよ。どうぞご自由に!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/417-514778aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

野毛の小半で月桂冠 «  | BLOG TOP |  » 春駒で親鶏と格闘する

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (326)
北海道 (2)
東京都 (39)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (65)
広島県呉市 (109)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (16)
家飲み (133)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR