2017-05

大甚にて賀茂鶴を飲む

    9月11日金曜日の話

 名古屋の居酒屋といえば何と言ってもここ大甚。

 地下鉄東山線伏見駅の7番出口の目の前にあると聞いていたが本当に目の前だ。(゚∀゚;)

 大甚

 早速入ってみましょう。 平日の早い時間帯ですが大勢のお客さんで賑わっておりますぞ。

 数人掛けのテーブル席がいくつもあり全て相席です。 ところどころ割り箸が置いてあるのは予約席だそうだ。

 入店して左側に大皿に載った惣菜が並べてあるテーブルがある。

 まず大皿

更にその奥側に小皿に取り分けられた惣菜が並べてあるガラスケース。 厨房近くには刺身類が並べてある棚がある。
 
 小皿に取り分けて

 壁際には有名な賀茂鶴の樽酒と日本一との誉れもある伝統の燗浸け場がある。  右側に客席が並ぶ。

 賀茂鶴の樽酒

 私は惣菜が並んでいる場所に一番近い席。 すぐ後ろをお客さんや店員が行ったり来たりするが別に気にはならない。
むしろ惣菜が近いので便利だ。

 小皿で並ぶ

 それにしても変に飾りたてたりしていない質実剛健たる店内。

 いい感じに年輪を重ねて得も言われぬ風情を醸し出しておりますな。(゚∀゚;)

 まずは生ビール(610円) そして惣菜は台の上にたくさん並べてある中から選びます。

 よこわ刺身、バイ貝、鳥モツ煮。

 まずは三種

 一品は量が少ないので皆さん最初からたくさん取って席に戻る人が多い。

 料理は奇をてらったものではなくオーソドックスな味付け。 どれも普通に美味しいです。

 さて、何と言っても大甚と言えば本場広島よりも美味しいと言われる賀茂鶴の樽酒の熱燗です。

 羽釜の中で湯煎された大徳利で樽酒がじっくり温められております。

 杯

 有名な大甚の大徳利。 一合半くらい入っているのでしょう。

 うむ、ウマいですね。 賀茂鶴の熱燗は元々美味しいですが大甚で飲むと一層美味しく感じます。

 徳利

 とにかく、こんなにいつまでも冷めない熱燗は初めてだ。

「いやぁ広島で飲む賀茂鶴より美味しいですよ~」と話しかけると
シャネルのメガネをかけた愛想のいい大将が
「賀茂鶴の一番いい酒をあるルートから仕入れているんですよ。」と満面の笑みで答えてくれた。

 看板娘

 「看板娘」ならぬ「燗番娘」は女将の仕事のようだ。

 酒がたっぷりあるのでポテトサラダ、煮鰻も追加。

 新たに二品

 合計3230円。

 いやぁ噂通りのいい酒場でした。 老舗の有名店にもかかわらず大将以下腰の低い柔和な接客。

 名店の名に恥じぬ店でした。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/426-3ad2f13c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広島オクトーバーフェス2015 «  | BLOG TOP |  » 神田の生まれよぉ

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (319)
北海道 (2)
東京都 (33)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (64)
広島県呉市 (109)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (16)
家飲み (132)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR