2017-08

博多の「かわ」

    10月14日 水曜日

 久しぶりの博多。 地元の九州男児と待ち合わせ。
向ったのは「かわ屋」  字のまんまの店である(汗)

 かわや

 地元のA君曰く、鶏の皮は数あれど「かわ屋」が一番美味しいとのことだ。

 注文は地元九州の男にお任せである。
まずは皮を15本。 この単位で皮を頼むのは人生初の経験だ(苦笑)

 六日間かけて焼き、徐々に脂を抜いてカリカリにしていくという実に手間がかかる独特の調理法が有名だ。
まずは最初に10本が提供される。

 かわ

 うむ、これはウマい!(゚∀゚;)

 周りは見た目通りカリッと香ばしく、中心部にかすかに残っている脂が意外とジューシーだ。
塩気も丁度良く、成る程、これなら何本でもイケそうだ。

 次いで地元の男が推奨する「しぎ焼」だ。 ワサビをたっぷり溶いた醤油にベリーレアな鶏のささ身を浸けて食べる。

 しぎ焼き

 うん、これもウマい! いわゆるサビ焼の改良型とも言えるが、この方が美味しい。

 次いでダルム。 ホルモンとタマネギを串に刺してある珍しいビジュアル。 これまたイケる!

 ダルム

 酢を効かせたタレがタップリかけてあるのが合う。

 ナンコツ、これまた素敵な焦げ目。 独特の形状で食感が秀逸。 ウマい!

 なんこつ

 生ビール、ハイボール、チューハイなど、飲み物は各自好きなものを。
面白いのはハイボール用の炭酸の缶が別で出てくること。 各自で濃さを調整できる。

 ハイボール

 ホッピーのように中を追加できるのも面白い。
面白い店です。 串も想像した以上に美味しかった。

 それにしても焼鳥と言っても各地に色んな食べ方あるもんだ。
しかし、これだけ大量に皮ばかり食べて本体の鶏肉はどうするんだろう。

 明らかに皮の消費量の方が突出して多いような(笑)
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/430-7eabc666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

博多の屋台で一杯♪ «  | BLOG TOP |  » 桐の木にて奈良萬純米無濾過生原酒を飲む

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (333)
北海道 (2)
東京都 (42)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (65)
広島県呉市 (109)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (18)
熊本県 (2)
家飲み (133)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR