2017-08

里の家にて新政特別純米を飲む

  10月10日水曜日の話

 地酒コレクターの店主が経営する居酒屋「里の家」に久々に伺いました。
おでんの時期になると、ふらっと暖簾を潜っちゃいます。

 馬刺しを摘みながら生ビールを飲んでおりますと、饒舌な店主が人懐っこい笑顔で語りかけてきます。
新しい酒を仕入れたので飲んでもらいたいのでしょう。

ニコニコ、ニコニコ笑いながら自慢の地酒コレクションを披露してくれます。

 ここまでアクティブなプレゼンテーションを展開されると飲まないわけにはいきません(笑)
もっとも、私自身この店に来るときは日本酒が目当てなので、もちろん異存はありません。

 この日勧められたのは

広島県 水龍の純米吟醸 四代目中野光次郎
秋田県 新政酒造の特別純米 六号
広島県 藤井酒造の特別純米 宝寿

 水龍は冷酒で。
実に穏やかな酒で、四代目・・・という強そうな名前とは裏腹に深窓の令嬢のようななめらかさです。 馬刺しに合うなあ。

 新政と宝寿は熱燗で。
熱燗にはおでん、ということで、ダイコン、自家製厚揚げ、渦巻きウインナーをよそっていただく。 ダイコンがでかい!

 新政はズン とくる辛口。 この手の味は広島にはあまりありません。
宝寿は熱燗に合う酒を造ることで有名な藤井酒造ならではの一杯。
おでんには最高に合います。

 それにしてもダイコンや厚揚げの内部に滲み込んだ出汁が口の中でジュワ~と溢れてくる。 そこに熱燗を流し込む。

これほど至福の瞬間があろうか。

今宵は修学旅行中の二男にカメラを貸出し中にて写真はありません。あしからず(^・^)
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/69-31c9af80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自宅にて千福ふくぱっくを飲む «  | BLOG TOP |  » 白鴻を飲みながらニシを摘まむ

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (333)
北海道 (2)
東京都 (42)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (65)
広島県呉市 (109)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (18)
熊本県 (2)
家飲み (133)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR