2017-10

おでん処たぬきで誠鏡「てから」を飲む

  11月17日土曜日の話
 
 創業66年目を迎えた広島の老舗おでん処。

 土曜日のこの日、6時半の待ち合わせですが、早めに出てきて一杯やろうと徘徊しておりますと、5時から営業のこちらの前を通りかかったので早速暖簾を潜りました。

 たぬき看板

 所謂0次会というやつなので、軽く引っかける程度のつもり。
この2,3日肌寒くなってきたところではありますし、この時間帯から広島の老舗おでん屋で熱燗とおでんというのは相好が崩れてくるのを抑えるのが難しいシチュエーションではあります。

 引き戸を開けて中に入ると、まだ客は一人もいませんが、準備万端整った店内は凛とした瑞々しい雰囲気。 名店の名に恥じぬ佇まいです。

 カウンターの8割には既に箸が置かれてある。予約席だという。
空いてる席はというと、何とおでん鍋の真正面ではありませんか。
 リングサイドですな。
「ここでよろしいんで?」「どうぞ。」とニッコリ笑われる店主の奥方らしき人。

目の前にはグツグツというよりは穏やかに湯気を上げる特別に設えられた鍋。

 たぬきのおでん鍋

 美しい光景です。 およそ名門とか老舗と言われている店のおでん鍋というのは一幅の絵のようなもので、見ているだけでホッとしてきます。
日本人の心を和ませる何かが間違いなくあります。

 おでん鍋の周辺というのは日本民族のパワースポットではないでしょうか。

 まずお通しが出て来ます。 瓶ビールを注文して、さて何を食べようかと思案します。
正面に掲げられてあるメニューを見ますとおでん以外も充実しています。

 出汁巻、おばいけ、アジの南蛮漬け、刺身各種、等々・・・・。
いずれも魅力的な肴ですが、食べすぎるわけにもいかないのでおでんから行きましょう。

 目の前のおでん鍋から物色します。 整然と配置されたおでんのネタはいずれ劣らぬ兵揃いですが、印象的なのが圧倒的な存在感を示す椎茸エリア。これを目の前にしたら椎茸を頼まずにはいられません。

 そしてこれまた存在感のある豆腐エリア。 おでんで豆腐を頼むことはほとんどないのですが、これ又頼まずにはいられません。 そして最後にこれ又シブいレンコン。

 豆腐れんこん椎茸

 日頃おでんと言えば、たまご、ダイコン、牛スジ、がんも、ごぼう天、イワシのつみれ、あたりから行くのですが、鍋を見ていたら自然とそういうオーダーになってしまいました。

 食べてみると非常に上品な味付けです。 おでんの汁は見た目は濃いのですが、味付けは薄めで、素材を味わってください的な趣向です。

 個人的にはもう少し塩気があるのが好みですが、驚いたのが開店直後の入店にも関わらず、どのネタにも完璧に味が含まされていること。 時間を逆算して見事に仕上げられてあります。

 二皿目はダイコンとフキ。

 大根ふき

 見事に大きなダイコンです。 芯までしっかり味が滲みております。 フキも小料理屋で食べるおでんみたいで風情があります。

 熱燗は竹原の誠鏡。 ラベルに緑の文字で「手造り辛口」と書いてあります。
通称「てから」と呼ばれている本醸造酒で、熱燗にするとウマいと昔から人気のある銘柄です。

 誠鏡「てから」
 
 力強さとまろやかさがミックスされた燗映えする酒で、辛口と謳われてはいますが、甘みも十分感じられる旨口の酒です。

 それにしても、このような風情のある店のカウンターで飲むコップ酒というのもなかなか乙なものです。

 〆て2850円でした。
この次はもうちょっと腰を据えて飲んでみたい。 つみれやがんもが口にできなかったのが若干心残り。 メニューに書いてあった〆サバとかもね。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://atukansake.blog.fc2.com/tb.php/84-3f81d835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

博多「しらすくじら」で松竹梅豪快を飲む «  | BLOG TOP |  » 本家鳥好にて

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (347)
北海道 (2)
東京都 (43)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
石川県 (5)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (69)
広島県呉市 (110)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (21)
熊本県 (2)
家飲み (134)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR