2017-06

その名も「ホルモン屋」

 ホルモン屋

 大阪の焼肉屋みたいな名前ですが立石のもつ焼き屋です。
「立石のもつ焼き四天王の一角」という位置付けだそうだ。

 江戸っ子からも近いので2軒目はココと決めていましたが開店が5時なのでまだ開いていない。
店の前で待つのも芸がないので立石駅周辺を散策。

 超人気店がある一方空き店舗も目立ち商店街全体に人がごった返しているわけではない。
まぁそこにイニシエ感があっていいともいえますがね。

 ホルモン屋

 さて、いい時間になったのでホルモン屋に引き返すと丁度店員の女性が暖簾を出しているところだった。
ほぼ5時キッカリです。 宇ち多や江戸っ子に比べると清潔な店内です。 店も非常に小さい。

 ハキハキしたお姉さんと母親の二人で店を切り盛りしているらしい。
小料理屋のようなシチュエーションですが列記としたもつ焼きやであります。

 ビール

 大瓶のビールを注文し、さて何を注文しようかと逡巡していると店主のお姉さんが「うちはシロの生もあるよ」とおっしゃるので注文。

 生醤油に特製の唐辛子を溶いて浸けて食べる。 生と言っても本当の生ではなく湯通ししたものを冷やしてある。

 シロ生

シロの冷製ですな。 ムッチリした食感と歯切れ良さが同居した心地よい一品。

 シロ生2

 これはウマい。

 次いでナンコツの塩焼。 これは「マスタードを付けて食べると美味しいですよ」とおっしゃるので言うとおりにする。

 ナンコツ

 これも美味しい。 食感も当然のごとくいい。

 レバーを頼むと「塩、タレ以外に素焼きにしてニンニク醤油で食べることも出来ますよ」とのこと。
「じゃあそれで」 これも美味しい。 

 レバー

 ニンニク醤油と鮮度のいいベリー○○なレバーはナイスですねえ(村西監督ではない)
江戸っ子に比べると串は小ぶりで値段も高いですがモノはいいです。

 野菜串は予定外でしたが店主が本日のお奨めですと力説されるので注文。
椎茸&シシトウ。 これはデカいです。

 やさい串

 愛想のいい母と娘。 積極的にお客さんに話しかけ当日のお勧めや食べ方などを楽しげに説明してくれる。
もつ焼きの初心者には有難い店ですね。 一方上級者には面倒くさいかも(笑)

 お通し

 お通しにピリ辛モヤシが付いて合計1500円でした♪(´ε` ) 

こりゃ素晴らしい酒場だ!

 もともと東京に来ると広島にはないもつ焼きの店を徘徊する私でしたが、前回の立石遠征ですっかり宇ち多゛に魅せられてしまった。

 宇ち多の後に栄寿司をハシゴする常連コースなるものの存在も知らず、宇ち多そのものは満喫したものの立石遠征としてはやや消化不良な結果だった。

 ということで・・

 今回は明確に第二次立石遠征として望むことに相成った(* ̄∀ ̄)

 今回は午後4時前に立石駅に到着。 プラットホームを降りている途中で既にもつ焼きのいい匂いが漂う。 
これはどの店の匂いなのか・・(* ̄∀ ̄)

 さて、今回はまず江戸っ子からと決めていた。
4時からの開店というのが今回の私のスケジュールに合っていたからだ。

 ほぼ4時丁度に店に着く。 

 江戸っ子

 なるほど・・ この店もまた昭和テイストに浸れそうな外観ではある( ̄ー ̄)ニヤリ
店内は開店直後なはずなのに超満員! 時間前に開店していたのか(゚Д゚;)
 いずれにせよ立錐の余地はないように思われた(;´Д`A 

 店員がカウンターの角の柱が立っている場所が一席空いているのでそこへどうぞと。
席が空いていたのは嬉しいがこりゃ超食べにくい席だ(苦笑)

 柱

 店はカウンター席だけのように見受けられたが席数はかなり多い。
店員は焼き方を除けば女性が3人くらいだったか。

 酒場の本の特集などでよく見かける有名な女将もいる。
大日如来のような、イヤ天童よしみのような、イヤ昭和40年代の飲み屋の女のようなとも言われる兜のような有名な髪型ではなくベリーショートなOL風の髪型になっていたので驚愕した(゚Д゚;)

 女将はお客さんと談笑したりして店内にくまなく目を配らせてはいるが接客は若手(といっても結構おばちゃんだが)2名が文字通り獅子奮迅の活躍。

 その働きっぷりがいかにも大衆酒場を切り盛りするチャキチャキのオバハン然として見ていて中々痛快である。

 飲み物はボールと呼ばれるこの手の店でよく飲まれている下町焼酎ハイボール。 いわゆるノーマルなチューハイに若干の甘みと風味を加えた飲み物である。 氷なしで350円はありがたい。

 下町ハイボール

 店の代名詞にもなっているドリンクなので大いに期待していたが味的には特にどうということはない(^_^;)

 煮込みも当然注文する。 これは360円。
そしてこの煮込みがデカい! 

 モツ煮込み

 360円という値段に油断していたわけではないが豆腐が半丁入っていることもあるがホントにデカい(゚Д゚;)

 シロだけでなくナンコツなども混在。 そして汁が美味しい。

 煮込みはモツをしっかり下茹でしてあるので意外とあっさり食べれるものが少なくないが江戸っ子の煮込みはたっぷり脂が残っており、あたかも背脂たっぷりの豚骨スープを飲んでいる感じである。 それなのに臭みがない。 これは想像していた以上に美味しかった。

 焼き物はまずテッポー。 これは一皿3本縛りだそうだ。 味付けは塩と辛いタレ、甘いタレの3種類から選べるので辛いタレをチョイス。

 てっぽう

 この豆板醤を混ぜた醤油ダレの焦げた風味がナイス。 テッポーの食感は分厚いシロといった感じですがこの辛いタレとの相性は秀逸。 こりゃ酒のツマミとしては最高だ(゚∀゚;)

 次いでナンコツとレバーを2本ずつ注文(一皿4本ずつの注文が基本ですが2本ずつのセットにも出来る。
立石のもつ焼き屋は妙なハウスルールがある店が多い) これも辛いタレにしてもらう。 
 4本で360円と激安である。 一本税込90円かいな(((( ;゚Д゚)))ワナワナ

 ナンコツ

 細かく裁断されたナンコツをギューっと詰めて串打ちにしてある。 隙間を広げてたくさんに見せようと一切していない潔い一品。 レバーも完璧に火が通っているが辛いタレとの相性がいい。

 2杯目は梅サワー380円。

 ウメサワー

 もつ焼き以外の一品料理もそこそこある。 壁のメニューを見ると

セロリとパプリカのピクルス、コハダ酢漬け、ホタテの煮凝り、きんぴらごぼう
かっぱ冷奴、レバ煮、きゅうり古漬け、マカロニサラダ などがオール200円。
トマトスライスのみ280円。

 本日は他にも行ってみたい店があるのでここでお会計。 合計で1810円。

 テッポーと煮込みが美味しかった。

 ほとんど私語がない宇ち多と違いお客さんが楽しそうに飲んでいる牧歌的大衆酒場。
隣りに座って飲んでいたオジサンは1年振りだったそうだ。
「やっぱりいいなぁ・・ここ・・」と呟きながら飲んでいるのが印象的だった。

 店内

 味、価格、雰囲気の三拍子そろった素晴らしい酒場だった。

もくもく酒場

 本通から流川方面に移動する際に偶然見かけた。「焼鳥酒場ようちゃん」

 妖しげでモクモク感があふれている上に異様なギュウギュウ詰め感も兼ね備えた広島らしからぬ面妖な店である。

 外観

 東京のモツ焼き屋を彷彿させる雰囲気に誘われて入店。

 看板

 店内は本当にギュウギュウ詰めでモクモクだ(゚Д゚;)

 カウンターに一人分の席があったので潜入成功。
壁を見ると、これまた尋常ならざるメニュー数だ(゚Д゚;)

 雰囲気に釣られてホッピー白を注文。 490円。

 ホッピー

ホッピーを置いてあるところを見るとやはり東京風のもつ焼き屋をイメージしているのか?

 モツ煮込みは490円。

 煮込み2

 この手の店らしく豚のシロの煮込み。
コンニャク、白ネギ、青ネギ、さらには鶏肉まで混ざっている(笑)

 焼き物は炭火焼き。 珍しい「振り袖」を注文。
鶏一羽から少ししか取れない肩の肉ですね。

 ふりそで

 なかなかボリューミーですが200円なら当たり前か。
ボンジリと胸肉の中間のような味と食感。

「はつすじ」は200円。 いわゆるハツモトを取っていないハツ、ヤゲンですね。 

 レバー

 コルトの弾のような形状(^^)

うめきゅうは290円。 箸休めに丁度いいです。

 うめきゅう

 和牛コウネたたきは590円。
広島ならではのメニューですね。 塩胡椒で炙ってレアで食べれば美味しいに決まっているわいね(^^)

 コウネ

 合計2500円なり。 焼き鳥屋なんだけど東京のもつ焼き屋の雰囲気がある店。

 ホッピー2

 もつ焼き屋と勘違いして入店するともつ焼きが無いことに戸惑うが、本来看板に書かれてある通り焼鳥屋風の居酒屋である。
 個人的には好きな範疇の店ですね。

立飲み魚寅

 とある日の夕刻・・

 歩いていてたらよく利用する「寅造」の姉妹店の「魚寅」を発見した。
一度は行ってみたいと思っていた店だ。

 魚寅のれん

 ちなみにウオトラであってウルトラではない( ̄ー ̄)ニヤリ

 魚寅提灯

 立飲みにしては大箱。 カウンターに陣取りまずは赤星。

 ラガー

 料理はまずミョウガピーマン 250円。 

 みょうがピーマン

ミョウガとピーマンを細切りにしただけですがもろ味噌を添えてシブい一品に変わる。 アイディアですねえ(* ̄∀ ̄)

 こいわし揚げ 380円。 小イワシの天婦羅ですな。

 イワ天

最後で量が少ないということで280円にまけてくれた。

 7時前後に売り切れとは! さすが小イワシは何処の店でも人気ですねえ。

 ちょうど目の前でグツグツ煮込まれている牛スジ煮込みの鍋が見える。

 鍋

 これは注文するしかないですねえ。

 タップリの牛スジ、コンニャク、エノキ、鷹の爪、多少甘みのあるピリ辛醤油味。

 にこみ

この牛スジ煮込は美味しいです。 しかも300円。 これは推しメニューですね(* ̄∀ ̄)

 2杯目はガリチュウ(380円)を注文。

 ガリチュー

 天ぷら類は1種類づつ注文できるそうですが

 1本丸ごと穴子 380円
 コーンの天ぷら 380円
 舞茸 180円 と3つまとめて注文。

 天ぷら

 盛り合わせると結構な見栄えです。 これだけで1015円と想定外の出費(笑) 
コーンが一番美味しかったですね。

 三杯目はビームハイ(280円) ジムビームを使ったハイボールです。

 ビームハイ

 日本酒は何種類か銘柄がありましたがほぼ500円。

 合計で3111円でした。
立飲みにしては料理が充実しているのはさすがですね。 外税なのは寅造と同じ。

 メニューが豊富で大阪の丑寅を彷彿させる雰囲気ですね。

 魚寅メニュー

店名に魚と掲げるだけあって立ち飲みにしては鮮魚が多い。

 それにしても月曜日なのに大繁盛でしたわ(驚)

立ち飲み「もみじ」

 コチラも最近人気があるらしい立飲み。 
 高瀬川沿いで四条通りにも近い好立地。

 大寒波の日なのに大繁盛です。

 もみじ

 店に金をかけていない、いかにも最近出来た立飲み屋というシンプルな造り。

 さすがに雪が舞う寒い中を辿り着いたのでビールを飲む気にはなれず
  ((((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 黒霧島のお湯割りをもらう(* ̄∀ ̄) 350円。

 お湯割り

 この店もメニューが多い!
そして京都にしてはと言っては失礼だが、この店も鮮魚が充実している立飲み。

 ホワイトボード

 まずはホワイトボードに書かれてあるお勧めから450円のサザエの刺身を注文。

 こりゃ立派! 菜の花のお浸しが付いているのも嬉しいではないか(゚∀゚;)

 さざえ

 次いで身欠きニシン焼き250円。 これもいいですね。
 焼酎のお湯割りに合いますね。

 にしん

 中トロ手巻きは180円。
中トロというよりも赤身に近いが180円。 この値段で文句はない。

 手巻き

 テンコ盛りのガリもいいツマミになる。

 合計1328円。 税抜表示じゃったんじゃな( ̄ー ̄)ニヤリ

 ここも中々よかったですよ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ほうすけ

Author:ほうすけ
広島県呉市在住 
酒をこよなく愛している男です。
日本酒の魅力を発信できたらと思っています。

アクセスカウンター

最新記事

月別アーカイブ

お酒を嗜んだ場所

お好きな場面を選んでください

居酒屋 (326)
北海道 (2)
東京都 (39)
神奈川県 (6)
静岡県 (3)
愛知県 (7)
京都府 (10)
大阪府 (63)
兵庫県 (3)
広島県広島市 (65)
広島県呉市 (109)
広島県東広島市 (2)
山口県 (1)
福岡県 (16)
家飲み (133)
花見、イベント等 (14)
随筆日本酒 (3)
壬生の花田植 (2)
日本酒カクテル (1)
酒のツマミ (6)
その他 (11)
未分類 (1)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR